シェアする

日本とアメリカでマクドナルドのドリンクのサイズを比べてみた…海外の反応

「アメリカのマクドナルドのハンバーガーは信じられないくらい大きい」と聞いて、実際にアメリカに行ってハンバーガーを買ったら、そんなに大きくなくてガッカリした、ということがありました。最近はアメリカ人も健康志向でハンバーガーも小さくなったとか。でもドリンクのサイズはこんなに違うようです。

スポンサーリンク


以下、コメント欄のまとめ。

・日本のサイズの方がいいな。アメリカのは大きすぎる。

・こんなことしてるからアメリカ人は太るんだよ。

・日本人はアメリカ人より身体が小さいから、紙コップのサイズも違って当然だろ。

・人間、家、自動車、国土…日本は全てアメリカより小さいからな。

・そもそも炭酸ジュースなんてどんなサイズでも身体に悪いよ。

・なぜかわからないけど、アメリカが日本に落とした原爆を思い出した。

・でも最近のアメリカのマクドナルドは全てのサイズを小さくしたんだよ。紙コップもウェンディーズのより小さくなった。

・これで値段が同じなら、アメリカ人の方が得をしてるってことじゃないか。

・テキサス州のマクドナルドはもっと大きいぞ。

・『ヘタリア』に似たようなネタがあったな。

ヘタリア

・アメリカ人もデブだけど、メキシコ人もデブだからな。

・ロシアに行ったときに、マクドナルドでLサイズのコーラを買ったけど、アメリカのLサイズよりはるかに大きかった。

・だからアメリカは糖尿病患者が多いんだな。

・たしかに太ってる日本人って想像できないな。

・ドイツではマクドナルドのドリンクはおかわり自由なんだよ。だから紙コップのサイズは関係ない。

・アメリカもそうだよ。

・日本の紙コップが小さいのは日本は健康に気を使ってるからだよ。私はずっとアメリカに住んでて、二年に一度は日本に行くんだけど、日本で太っている人はほとんど見たことない。アメリカ人ももっと健康に気を使うべき。

・カナダのマクドナルドはアメリカのマクドナルドよりドリンクのサイズが大きいよ。

・オーストラリアのLサイズは日本のより小さい。

・アメリカではサラダは3ドル99セントで、ハンバーガーは99セントなんだよ。だから太るんだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク