「こんな東京は見たことない」アメリカ人の映像作家が撮影した日本の映像が素晴らしい…海外の反応

アメリカはロサンゼルス出身の映像作家、Brandon Li氏の作品、『Tokyo Roar』が素晴らしいと海外で話題になっています。いわゆる日本の観光スポットを撮影したような映像ではなく、淡々とそこに生きる人々の姿を撮影した作品で、アーティスティックな仕上がりとなっています。使用したカメラはソニーのα7s。

Tokyo Roar from Brandon Li on Vimeo.

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

 

 

・これは素晴らしい。東京の綺麗な部分だけじゃなくて、通勤ラッシュや疲れた人達の顔、ホームレスの姿も映してるのがいい。

 

・美しい映像だね。日本にはずっと行きたいと思ってたけど、より一層、その気持ちが強くなった。

 

・日本って不思議な国だよね。西洋の文化にすごく似てる部分も全然違う部分も両方ある。

 

・ちょうど先月、東京と京都に行ってきたんだけど、この動画を見て、また日本に行きたくなったよ。

 

・東京に住んでたとき、あまりの人の多さに閉所恐怖症みたいになったことがあった。京都はすごくよかったけど。

 

・なんか匂いまで感じられそうな映像だね。

 

・僕も日本に行って写真を撮ってみたくなった。

 

・編集が素晴らしい。

 

・音楽もいいね。

 

・A. D. Hopeの『Tiger』の朗読が映像と合ってて最高。

 

・これはいいね。何回見ても飽きない。

 

・すごく綺麗だね。どうすればこんなものを作れるのか、この動画のメイキング映像を見てみたい。

 

・謎と熱に満ちた国の特徴を上手く捉えた映像だね。

 

・僕は東京に12年ほど住んでたけど、こんなに上手く東京の顔を映すことはなかなかできない。

 

・日本には何度も行ったけど、この映像は自分の目で見た東京と全く同じだ。

 

 

出典:KotakuVimeo