細田守監督『未来のミライ』特報映像が公開され話題に…海外の反応

『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などで知られる細田守監督の最新作『未来のミライ』の特報映像が公開され、海外でも話題になっています。

 

『未来のミライ』は2018年7月20日に公開される予定です。

家一軒と庭ひとつ。
どこにでもある
たったひとつの家族を通して、
生命の大きな循環、
人の生が織り成す巨大なループを描き出したい。
最小のモチーフを用いて、
最大のテーマを語り切りたい。
エンターテインメントの作法を用いて、
新しい家族のための、新しい表現を拓きたい。
一見穏やかに見えて、
実は、大いなる野心を秘めた作品なのです。

『未来のミライ』公式サイト

アニメーション映画監督 細田 守の仕事

以下、海外の反応。

 

 

・これは今から待ち切れない!

 

・僕は細田守監督が大好きだから、すごく楽しみだ。

 

・兄がまだ小さい子供の頃に、その妹が未来からやってきたってこと?妹の方が兄より年上?

 

・公開は来年の夏みたいだけど、ブルーレイディスクが発売されるのはこれから1年くらいはかかるんだろうな。

・どこの国に住んでるの?住んでる国によっては劇場で観られるかもしれない。

・東ヨーロッパの小さな国だから、劇場公開されるわけがない。

 

 

・ロシアでは2018年9月6日に公開されることがもう決まってるみたい。めちゃくちゃ嬉しい!

 

・これは期待できそうだ。アメリカでも劇場公開してほしいな。あるいは日本に観に行くか。

 

・細田守監督のスタイルは独特だよね。一目で彼の作品だとわかった。これも傑作になりそうな予感がする。

 

・細田守監督はどんどん面白くなっていくからな。これもかなり面白くなるんだろうな。

 

・デザインがちょっと古くさいかな。

・デザインってのは古くなるものだよ。京都アニメーションのデザインも古くなるし、ディズニーのデザインも古くなる。

 

 

・音楽がいいね。

 

・新海誠作品や宮崎駿作品とは違って、細田守作品には決まったパターンがない。タイムトラベル、家族、バケモノときて今回は妹。テーマがコロコロ変わる。

・共通してるのは「家族」だよ。『時をかける少女』ではあまり家族は描かれてないけど、『サマーウォーズ』は親族、『おおかみこどもの雨と雪』は母の愛、『バケモノの子』は父と息子。

 

 

 

・『サマーウォーズ』は家族愛、『おおかみこどもの雨と雪』は母の愛、『バケモノの子』は父の愛、そしてこの『未来のミライ』は兄弟姉妹の愛ってことか。

 

・タイムトラベル、家族愛、動物。細田守作品の全てが詰め込まれてるじゃねえか。

 

 

出典:Reddit