なぜ日本の若者は選挙に行かないのか?…海外の反応

2017年10月に行われた衆院選の投票率は53%で戦後2番目の低水準でした。その中でも20代の投票率は35%ほどでした。こちらの動画では若者達に「なぜ選挙に行かないのか?」「なぜ政治に興味がないのか?」という質問をしています。

以下、コメント欄のまとめ。

 

 

・これはちょっとショックだわ。

 

・きっと日本人に「前のアメリカ大統領は誰?」って聞いたら、たぶんみんな答えられるんじゃないかな。

 

・日本って本当に国民と政府との間に溝があるよね。

 

・政府に文句を言ってる奴に限って投票に行かないんだよな。

 

・日本の若者は自分自身のことにしか興味がないんだろ。

 

・こんなに若い人達が政治に無関心な国は他にないんじゃないかな。もっと危機感を持つべき。

 

・投票率が低いのって本当に残念だよね。投票したくてもできない人だっているのに。

 

・前の総理大臣が誰だったか覚えていないなんて信じられない。日本のテレビでは政治の話をしないのかな・

 

・私が日本でシェアハウスに住んでた時、7人の外国人と7人の日本人がいたんだけど、全く政治の話をしなかった。

・政治と宗教の話は争いの種になるから遠慮するべきだけどね。日本人からしたら、外国人に自分の国の政治を批判されたくないだろう。

 

 

・なぜ選挙が自分に関係ないと思えるんだろう?

 

・いくら自分が政治に興味なくても、必ず政治は自分に影響を及ぼす。

 

・自分の人生に関わるようなことを他人に決めさせていいのか?

 

・原宿に行くような若者に聞いても政治のことなんて知らないだろう。

 

・今の生活に満足しているから、政府に対しても何の不満もないんじゃないかな。

 

・古い世代に全てを決めさせていたら、若い世代は成長しないよ。

 

・日本って外から見てると本当に魅力的な国だけど、大きな問題をたくさん抱えてるんだよなあ。

 

・アメリカも似たようなもんだけどな。誰も選挙に行かなくなった。

 

・日本の政治家はアメリカの政治家よりはマシだから、心配する必要がないんだろう。

 

・政治に興味がないのはアジアの国ではみんなそうだと思う。

 

・スマホでしょうもない動画を見るのに忙しいんだろ。

 

・日本の学校では選挙の重要性について教えてないのかな。

 

・でも1960年代には日本で学生運動が行われてたんだろ?なぜこんなに変わってしまったんだろう。

 

 

出典:Youtube

コメント

  1. maku より:

    日本の政治家は明らかに憧れの対象でもなければ尊敬の対象でもない。

  2. 匿名 より:

    行っても大して結果は変わらないと思うからかな?
    投票率100%でも自民政権のような気がするわ…

  3. 匿名 より:

    高校3年の最後に選挙のシュミレーションでもやれば5%は増えるよ

  4. 匿名 より:

    若者の投票率が90%とかいったら逆に怖いわ、どんだな末期国家だよ

  5. 匿名 より:

    興味が無いのではなく、優先順位が低いって事でしょ。

    若者の殆どが政治の話をするようになったらその国はおしまいだよ。60~70年代見てみろよ。

  6. 匿名 より:

    答えは単純
    平和だから

    例えばなんかの間違いで共産党が政権を取ったとしても国民の意思を無視して独裁なんて出来ないしそもそも共産党に政権を取らせるような事にはならないとみんなわかってるから無理してまで選挙になんか行かないってだけ
    国民の運命が左右されるような選挙ならどこの国だろうと90%以上の投票率になるし

  7. 匿名 より:

    逆にアメリカなんて二大政党が交互に変わるだけなのになんであんなに選挙に熱狂してるのかがわからんわ

  8. 匿名 より:

    アメリカも若い世代ほど投票率低いだろ

  9. 匿名 より:

    オーストラリアは投票に行かないと罰金を払わないといけない。
    他にも罰則のある国はけっこうある。
    要するに、フリーにさせたら投票率は下がるもの。
    アメリカは登録制だけど、自分で登録してすら行かない人がいる。
    若者が選挙に熱中してるなんて悲劇。

  10. 匿名 より:

    これに関しては、アメリカの発言権を認める必要がない。