シェアする

アメリカが北朝鮮のICBMを想定した迎撃実験に成功、映像を公開…海外の反応

アメリカの国防総省が北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)を想定した迎撃実験の映像を公開、ICBMの撃墜実験に初めて成功したと発表しました。実験は2017年5月30日に行われたということです。

 米軍は30日、ICBMを想定した初の迎撃実験に成功した。西太平洋のマーシャル諸島にある実験場から標的を発射し、北太平洋の米領ウェーク島に設置した早期警戒レーダー「TPY2」などで捕捉。米西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から発射したミサイルで撃ち落とした。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060100295&g=prk

暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・つまりアメリカは核兵器も十分に持ってるし、核兵器に対する防御も完璧になったってことか。

・というか今までなかったことに驚いた。

・ついにレーガン大統領の戦略防衛構想が完成したのか。

戦略防衛構想(せんりゃくぼうえいこうそう、英語: Strategic Defense Initiative, SDI)とは、アメリカ合衆国がかつて構想した軍事計画。通称スターウォーズ計画。
衛星軌道上にミサイル衛星やレーザー衛星、早期警戒衛星などを配備、それらと地上の迎撃システムが連携して敵国の大陸間弾道弾を各飛翔段階で迎撃、撃墜し、アメリカ合衆国本土への被害を最小限に留めることを目的にした。

戦略防衛構想 – Wikipedia

・テストが一回だけ成功したって安心できないと思う。100回くらいは成功しないと。

・これで北朝鮮も手詰まりだな。

・素晴らしい。次は神の杖を完成させよう。

核兵器に代わる戦略兵器として計画されている兵器で、タングステンやチタン、ウランからなる全長6.1m、直径30cm、重量100kgの金属棒に小型推進ロケットを取り付け、高度1,000kmの低軌道上に配備された宇宙プラットホームから発射し、地上へ投下するというもの。

神の杖 – Wikipedia

・仮にこの実験が失敗してても成功って言うだろうね。失敗したって言ったら北朝鮮が図に乗るだけだから。

・つまりマジで北朝鮮がアメリカにICBMを撃つ可能性があるってこと?

・ICBM迎撃システムがあることで北朝鮮は中国や韓国を攻撃しづらくなる。

北朝鮮 新次元の脅威

・でももし大量の偽物の核ミサイルに本物の核ミサイルを紛れさせて攻撃されたら迎撃しきれないと思う。

・迎撃ミサイルを迎撃するミサイルを作られたら終わりだよね?

・そんなことしなくてもいいんだよ。ミサイルを大量に撃てばいいだけ。

・ICBM迎撃システムを撹乱するシステムを積んだICBMを撃たれたらどうするんだ?

・迎撃ミサイルを撹乱するためのダミーを撃つのは迎撃ミサイルよりも簡単だし、コストも安いよね。

・迎撃しても核ミサイルを空中で爆発するのはマズイんじゃないの?

・核ミサイルは特殊な起爆装置で操作しないと核爆発は起きないんだよ。

世界核戦争

・たぶんこれが最初の成功ではないはず。僕はこの迎撃システムに関連する会社で働いてたけど、ICBMの迎撃実験に数回くらい成功してるはず。

・ただの実験ではないね。プロパガンダだよ。

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク