シェアする

日本が舞台のアニメーション映画『Isle of Dogs(犬ヶ島)』の予告編が話題に…海外の反応

グランド・ブダペスト・ホテル』や『ムーンライズ・キングダム』で知られるウェス・アンダーソン監督の新作アニメーション映画『Isle of Dogs』(邦題:犬ヶ島)の予告編が公開され、世界中で話題になっています。ウェス・アンダーソン監督によるストップモーション・アニメーションは『ファンタスティック Mr.FOX』以来。

物語の舞台はとある日本の架空の都市。犬の間に伝染病が蔓延し、犬は全てゴミの島に隔離されることに。人間の少年、アタリ・コバヤシは島に隔離された飼い犬「スポッツ」を探しにゴミの島へ飛び立った。

声優陣が驚くほど豪華で、ブライアン・クランストン、エドワード・ノートン、スカーレット・ヨハンソン、ビル・マーレイに加えてランキン・こうゆう、渡辺謙、RADWIMPSの野田洋次郎、夏木マリ、野村訓市、伊藤晃、高山明、村上虹郎、オノ・ヨーコなど日本人の名前も多数。

アメリカでの公開は2018年3月23日のようですが、日本での公開がいつになるのか、気になるところです。

グランド・ブダペスト・ホテル

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・めちゃくちゃ面白そう!

・2018年の3月に公開?待ちきれないよ!

・ウェス・アンダーソン監督って独特な作風だけど、これは今までで最もウェス・アンダーソンらしい映画になりそうだ。

・ウェス・アンダーソン監督の新作をずっと待ってたんだよ。『グランド・ブダペスト・ホテル』から4年も待たせやがって。

・ストップモーション・アニメーションとしては『ファンタスティック Mr.FOX』から8年だな。

ファンタスティック Mr.FOX

・こういうタイプのアニメーションって嫌いなんだよね。

・これは絶対に泣ける映画だろうな。

・僕は犬も好きだし、ウェス・アンダーソン監督も好きだから、これは僕にとって最高の映画になる。

・でもウェス・アンダーソン作品に出てくる犬って必ず悲惨な目にあってたんだが。

・予告編を見ただけだけど、これは俺史上最高の映画だわ。

・声優陣が豪華だし、ストーリーも面白そうだし、アニメーションも綺麗!

・なんかサイバーパンクっぽさも感じる。

・予告編なんか要らない。ウェス・アンダーソンの作品ってだけで絶対に見る価値があるから。

・この映画の言語がどうなるのか気になる。犬は英語を喋ってるけど男の子は日本語を喋ってる。そして英語を喋ってる人間もいる。他の人間のキャラクターは何語を喋るんだろう?日本人キャストもたくさんいるみたいだ。

・なんでオノ・ヨーコ?

・叫び声担当だろう。

・途中で使われてる曲はThe West Coast Pop Art Experimental Bandの『I Won’t Hurt You』だね。

The West Coast Pop Art Experimental Band

・『ウォーリー』を黒澤明監督のスタイルで作ったみたいだ。

ウォーリー

・「Isle of Dogs」って響きが「I love dogs」に聞こえる。

・ウェス・アンダーソンってどんどん面白くなっていくな。

・予告編として最高の出来だな。これだけに金を払ってもいい。

出典:Reddit

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする