シェアする

日本人が開発した新しい義手が凄すぎる…海外の反応

日本のexiii(イクシー)という企業が開発したhandiiiという新しい義手が話題になっています。筋電をスマートフォンで読み取る、モーターの数を減らす、3Dプリンターで作る、などコストを下げる工夫がされており、デザインも豊富で部品の交換も簡易化する、というコンセプトで作られています。

handiiiの紹介、日本語バージョン。

exiii公式サイト

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・手首の可動範囲が狭いのと、タイムラグをなんとかしてくれればいいんだけどな。

・義肢の技術はどんどん進歩してるね。そのうち義肢であることが障害ではなくなるんじゃないかな。

・これは素晴らしい。これでたくさんの高齢者や障害者が助かるね。あるいは身長を高くしたり、身体を細くしたり、ということが可能になると嬉しい。

・最近、義肢がどんどんカッコよくなるから、自分の腕を切り落としたくなる。

・処理速度が向上すれば、かなりいいものになりそうだ。

・唯一足りないのは、手首の回転運動かな。

・近い将来、倫理的な問題を解決して、義肢にするために手足を切除する、ということが可能になるかもしれない。

・切除せずに、手足をそれぞれ倍にするとか。

・そうなるまでに30年はかかるだろう。

・どこに倫理的な問題があるんだ?自分の身体をどうしようが勝手だろう。

・早急に法整備してほしいね。自分の身体を全部入れ換えたい。

・この人達、SXSWに出展してたな。すごくいい人達だった。

・日本はどんどん高齢化していってるから、こういう発明が必要になるんだな。

・これがあったらルーク・スカイウォーカーがダース・ベイダーに手を切り落とされても全く悲劇ではなくなるな。

・なんで義手ってこんなにカッコいいんだろうな。

・白と黒の配色がいかにも近未来って感じがする。

・自分は未来に生きてるんだってことを実感した。

翻訳元:Inctroduction of exiii’s prosthetic hand (ENGLISH)Awesome new Japanese prosthetic arm

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク