シェアする

スノーデン「アメリカ政府は日本人全員を監視している」…海外の反応

監視社会の現状についてのシンポジウム、『監視の今を考える』が2016年6月4日、東京大学のキャンパス内で行われ、米国家安全保障局(NSA)の元職員、エドワード・スノーデン氏がインターネットを通じて参加しました。スノーデン氏はNSAが日本人の一人ひとりを監視できることを警告しました。

スノーデン氏は、「NSAは大手IT企業のサーバーに直接アクセスできるので、ネットで誰が何を検索したか、携帯で誰と話し、どこへ移動したか、すべてのデータが蓄積され、無差別の監視が可能です」と説明した。

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0083259

また、現在の日本が危険な状況にあると指摘。

「日本社会の現状をどう見るか」との質問が出ると、同氏は「特定秘密保護法以降、安倍政権の静かな圧力、インセンティブ(見返り)を伴う圧力がメディアにかかり、危機的な状態では? 視聴率のいいニュース番組のアンカーマンが降板させられている」と指摘した

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0083259?p=2

スノーデン

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・というか、NSAは地球上の全ての人間を監視してるんじゃないかな。

・アメリカが監視してない国なんてあるの?

・スノーデンって、なんでこんなに目立ちたがり屋なんだ?

・スノーデンはベネディクト・アーノルド以来、史上最悪の裏切り者だからな。

ベネディクト・アーノルド5世(英: Benedict Arnold V、1741年1月14日(ユリウス暦では1740年1月3日) – 1801年6月14日)は、アメリカ独立戦争での大陸軍将軍である。様々な戦功を挙げアメリカ合衆国の独立に大きく寄与しながらも、アメリカ側の将軍である時にニューヨークのウェストポイント砦でイギリス軍へのその引渡しを画策したことで知られている。

ベネディクト・アーノルド – Wikipedia

・プライバシーを監視されることを、なぜそんなに嫌がるんだ?僕は自分が持ってる写真や、送信するメールを見られても気にしないよ。

・奴らが監視してるのは持ってるデータの内容ではなくメタデータの方だよ。つまり、誰と、いつ、どれくらいの長さで電話で話をしたか。

・政府からプライバシーを監視されるのが良いか悪いかは、その政府がどれだけ酷いかによる。中国政府から監視されるのと、アメリカ政府から監視されるのとでは全然違う。

・プライバシーがなぜ大事なのか、この動画を見ればわかる。

・アメリカ政府はなんで早くこいつを逮捕して黙らせないんだろう?

・ロシアにいるから逮捕できないんだよ。

・プーチンがスノーデンを操っているんじゃないの?

・こんな奴の言うことなんて、今さら信じられないな。

・なんで日本人を監視する必要があるんだ?

・きっとキラを探してるんだよ。

デスノート

・日本にはテロリストなんていないんだから、監視する必要ないだろ。

・日本赤軍とかオウム真理教とか、もう忘れたのか?

・日本はアメリカの同盟国だけど、それだけでは監視しなくてもいい理由にはならないからね。

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク