中国・杭州で開催のG20、中国がオバマ大統領を盛大に侮辱…海外の反応

中国の杭州で2016年9月4日からG20会議が開催され、各国の首脳が集結する中、アメリカのオバマ大統領が空港に到着した際、通常は用意されるはずのレッドカーペットを敷いたタラップが用意されなかったことがわかりました。

3日、大統領専用機「エアフォース・ワン」が着陸した際、オバマ氏は機体に備え付けの階段を使って降り立った。通常は受け入れ国側が、赤じゅうたんを敷いたタラップ(移動式の階段)を乗降口に寄せ、首脳を迎える。だが、この日はタラップがなく、オバマ氏は普段は使わない乗降口から、機体から引き出した階段をつたって降りた。

【中国杭州G20】中国、意図的に? オバマ氏のタラップ用意せず 空港で側近・記者とも揉めて…当局は火消し躍起
20カ国・地域(G20)首脳会議のため中国・杭州の空港に到着したオバマ米大統領の専用機に、中国側がタラップ(移動式の階段)を用意しなかった接遇が、外交儀礼に反し…

 

他の国の首脳が到着したときには必ずレッドカーペットとタラップを用意していたようです。安倍首相が到着したときにも用意されていました。

 

また、中国側の職員がアメリカ側の職員に対し、「ここは我々の国だ」と怒鳴る場面もあったようです。

また、空港では出迎えの中国側職員が大統領随行記者に対し、オバマ氏から離れるよう指示。米国の担当者が善処を求めると、中国の職員が「ここはわれわれの国だ。われわれの空港だ」と怒鳴り返したという。ライス大統領補佐官がオバマ氏に近づこうとした際、中国側職員に阻まれ、抗議する一幕もあった。

【中国杭州G20】冷遇・オバマ大統領に赤絨毯なし 中国職員は米側のクレームにも強気「ここはわれわれの国だ!」
【杭州=西見由章】中国・杭州で開幕したG20首脳会議に出席するため訪中したオバマ米大統領が空港に3日到着した際、大統領専用機から滑走路へと降りる赤じゅうたん付き…

北京レポート 腐食する中国経済

以下、海外の反応。

 

 

・タラップを用意しなかったのは明らかに故意だろうなあ。

 

・中国共産党を甘く見てはいけない。奴らはなんでもするよ。

 

・オバマはアメリカの恥だな。

 

・またオバマ大統領がしくじったのか。アメリカを弱く見せてしまう癖があるんだよな。

 

・オバマはアメリカ人の税金を使って、わざわざ馬鹿にされに行ったのか?

 

・これはオバマに対する侮辱じゃない。アメリカ全体に対する侮辱だよ。

 

・タラップが用意されていなかった時点で怒ってそのまま引き返せばよかったのに。

 

・オバマのせいでアメリカは世界で最も嫌われている国になってしまった。

 

・外交に限って言えば、オバマもクリントンも悲惨なんだよな。

「オバマの嘘」を知らない日本人

 

 

・たしかに中国内の空港で何をしようが中国人の勝手だけどな。

 

・これが中国流のおもてなしなんだろ。

 

・もう中国製品は買わないようにしよう!

 

・僕はこの6年間、中国製のものは絶対に買わないようにしている。全てのアメリカ人がそうすれば、この国はもっと強くなれるはず。

忍びよる中国汚染食材

 

 

・中国って歴史上ずっと他の国の奴隷だったから、何かチャンスがあれば自分を大きく見せたがるんだよ。

 

・中国なんて野蛮人の集まりなんだから、中国とは関わっちゃいけないんだよ。

 

・朝鮮戦争の退役軍人から聞いた唯一つことは中国人はマジで不快だってことだった。

 

・アメリカ軍が南シナ海上空を飛び回っているからね。中国人がアメリカを嫌うのも仕方ない。

 

・自由貿易とグローバリズムのせいでアメリカは弱くなり、中国は強なってしまった。

 

 

出典:YahooYahoo