シェアする

スター・ウォーズの名シーンをグーグルの日本語翻訳に吹き替えさせてみた…海外の反応

スター・ウォーズ・シリーズのエピソード8にあたる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が2017年12月15日に公開される予定ですが、スター・ウォーズの名シーンをグーグルの日本語翻訳で吹き替えてみた動画が話題になっています。

詳しい作り方は説明されていませんが、おそらくグーグル翻訳で「翻訳元」を「日本語」にして読ませてみると、こんなおかしな読み方になるようです。

スター・ウォーズの名シーンをグーグルの日本語翻訳に吹き替えさせてみた

上のダース・ベイダーが目覚めるシーンは『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』からですね。こちらのシーンも同作品から。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・面白すぎる!こういう動画をもっと作ってほしいな。

・オリジナルよりこっちの方が好きかも。

・すごく悲しいシーンのはずなのに、めちゃくちゃ面白いな。

・ダース・ベイダーの呼吸音だとわかるのにけっこう時間がかかってしまった。

・最初、何かの音楽かと思ってしまった。

・呼吸音を翻訳するっていうのも意味がわからないけどな。

・元々このシーンは酷い出来だったけどね。

・『くもりときどきミートボール2』に出てくるイチゴみたいな声だな。

くもりときどきミートボール2

・なんかジャー・ジャー・ビンクスが吹き替えしてるみたい。

ジャー・ジャー・ビンクス

・最近見た動画の中で一番面白かった。

・スター・ウォーズはこうあるべきだね。

・ジョージ・ルーカスの理想に一番近いのってこれじゃないの?

・アナキン・スカイウォーカー役のヘイデン・クリステンセンは、ジョージ・ルーカスのリクエストだった「日本のロボットっぽい役者」に一番近い役者だったらしい。

・アシモを連れてきたらよかったんじゃないの?

・でも最後の「NOOOOOO!」はオリジナルに近よね?

・「はあああ、くううう」って声が頭から離れなくなったじゃないか。

出典:RedditYoutube

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク