シェアする

韓国のアニメ映画が『千と千尋の神隠し』をパクっていると話題に…海外の反応

2016年9月7日に韓国で公開予定のアニメ映画、『달빛궁궐』(Moonlight Palace、月光宮殿)が『千と千尋の神隠し』のパクリだと話題になっています。以下が同作品の予告編動画ですが、女の子が不思議な世界をさまよるという設定や出てくるキャラクターが世界的に人気のスタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』にそっくりです。

監督のキム・ヒョンジュ氏はパクリ疑惑を否定しているようです。

キム・ヒョンジュ監督は「最初は気にしなかったが、映画本編の封切り前に、予告編をキャプチャーしたいくつかのシーンだけで騒動になっているということに驚いた。映画を見れば、盗作なんて話は最初から出ないだろう。日本のアニメとの根拠のない比較をするよりも、独創性と潜在力を持つ韓国アニメの現在地について白熱した議論が展開されることを望む」と自信を示した。

http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/31/2016083101492.html

パクリジナルの技術

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・同じジャンルの映画でこれだけ似てるのはアウトだろ。

・間違いなくパクリだな。アニメーションは比較にならないくらい酷いけどな。

・1:20あたりの頭の振り方が完全にジブリだな。

・模倣は最大の賞賛だよ。

・パクリかどうかはわからないけど、ジブリ作品の寄せ集めのような感じだね。悪役っぽい女性キャラクターは『もののけ姫』に出てきたし、小さい妖精もそうだし、木や花が怒るのも『もののけ姫』とか『風の谷のナウシカ』っぽい。

・見た目はかなり似てるね。あとはストーリーがどれだけ似てるかだな。これが『千と千尋の神隠し』に勝てるとは思えない。

・たしかに『千と千尋の神隠し』に似てるけど、どっちも『不思議の国のアリス』のパクリだろ。

・でも『不思議の国のアリス』には「カオナシ」に相当するキャラクターって出てくるか?

・バンダースナッチとか?

不思議の国のアリス

・龍に乗るシーンは『ネバーエンディング・ストーリー』のパクリとも言える。

ネバーエンディング・ストーリー

・『千と千尋の神隠し』は日本の民話からたくさんヒントを得ていて、日本の民話と韓国の民話は似てるから仕方ないんじゃない?

・『千と千尋の神隠し』のキャラクターはこんなに叫ばなかったと思うが。

・主人公の女の子が叫び過ぎてて不快だわ。

・たぶん男の子のキャラクターのストーリー上の役割も同じだろうね。そして服装の色合いも似てる。

・ジブリ作品に対するオマージュと宣言するのであれば別だけど、今のところは否定してるんだろ?

・『ベイマックス』も『となりのトトロ』からパクってたと思う。

出典:Kotaku

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク