シェアする

外国人が福岡で活き造り料理を食べてみた…海外の反応

日本人にとっては普通だけど外国人は驚く日本の食文化の一つ、活き造り。外国人が「ありえない」「かわいそう」と感じる理由には宗教の違いがあるようです。

一方、ユダヤ教やイスラム教では生きたままの動物を食べることは禁忌とされる。また、食文化や動物愛護に関する考え方の違いから、オーストラリアでは食材を生きたまま料理する様子を公衆に見せることは処罰の対象となっている。

活き造り – Wikipedia

こちらの動画は福岡、博多の中洲にある「河太郎」というお店の活き造りです。

スポンサーリンク

・美味しいものを紹介してるはずなのに、なんて顔をしてるんだよ。

・たしかにオーストラリア人からしてみるとこれは驚きだわ。

・ドイツでも新鮮な魚を食べられる店はあるよ。生簀に泳いでる魚を選んで食べられるんだ。刺身にして食べることはあんまりないけど、かなり生に近い調理法で食べることはある。どこからが違法になるのかわからないけど、たぶん苦しまないようにしてあればいいってことなんじゃないかな。

・僕が今まで食べた中で一番のゲテモノはRocky Mountain oystersかな。牛や豚や羊の睾丸だよ。

・怖いけど、一度は食べてみたいね。

・ちょっと活き造りを食べてみたくなった。でもこんな夜中に見るんじゃなかったな。腹が減ってきた。

・でも生で食べるとバクテリアが死なないんじゃないの?

・ベジタリアンの活き造りの店はないのかな?採れたてのなすびやトマトが食べられる店。

・おかしな料理っていろいろあるよね。うちのばあさんはアヒルの血で作ったスープを飲んでたよ。

・私が食べたことのあるおかしな料理といえばヘラジカの舌かな。バターで焼いてあったんだけど、美味しかったよ。

・キュラソー島でイグアナを食べたことあるよ。

・日本に行ったら「考える前に食え」だよ。

・生きてるものを包丁で切るなんてありえないわ。

・寿司は大好きなんだけど、東京で食べた海老の寿司は食感が気持ち悪かった。

・刺身は大好きだけど、海老の頭は無理かな。

・海老の頭は食べたことあるけど、不味くはなかったよ。

・フランス人もカタツムリやカエルみたいなおかしなものを食べるからね。でもすごく美味しいよ。


河太郎

〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲1-6-6
092-271-2133

河太郎オフィシャルサイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク