シェアする

日本マクドナルド創業者の藤田田がヤバすぎる…海外の反応

日本マクドナルド創業者の藤田田氏が以下のような発言をしたとしてRedditにスレッドが立てられていました。

“The reason Japanese people are so short and have yellow skins is because they have eaten nothing but fish and rice for two thousand years… If we eat McDonald’s hamburgers and potatoes for a thousand years we will become taller, our skin become white, and our hair blonde.”

Den Fujita – Wikipedia

「日本人が背が低くて肌が黄色いのは、2000年もの間、魚と米しか食べなかったから。日本人がマクドナルドのハンバーガーを1000年ほど食べ続ければ、背が高くなり、肌は白くなり、金髪になる。」

ソースはWikipediaということですが、スレ主によれば、John F. Love氏の著書、『McDonald’s: Behind The Arches』の423ページに上記のような記述があるとのこと。同書の日本語版は発行されていませんが、こちらの『ファストフードが世界を食いつくす』にも似たような内容が書かれているそうです。

ファストフードが世界を食いつくす

どのような意図だったかはわかりませんが、創業当時に藤田田氏が語った言葉だそうです。他にも似たような発言をしていたとか。

新しい食文化のイノベーターとして、ハンバーガーは、日本人の食生活に完全に定着した。「日本の若者を金髪にしよう。食を通じ世界に伍していける真の国際人を育成できれば」の願いは、昨今の若者の著しい体位の向上を見れば、その仮説の正しさが実証されつつあると確信します。

http://igallery.sakura.ne.jp/iken36.html

藤田田語録

在学時に経験した通訳のアルバイトでユダヤ人米兵の自由な生き方に触れて感動し、東大在学中の1950年(昭和25年)に輸入雑貨販売店「藤田商店」を設立。
その後、1971年(昭和46年)に日本マクドナルド、1989年(平成元年)に日本トイザらス(アメリカのおもちゃ専門チェーントイザらスの日本法人)、1991年(平成3年)に日本ブロックバスター(アメリカのレンタルビデオチェーン「ブロックバスター」の日本法人)を展開。

藤田田 – Wikipedia

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・本気で言ってたんじゃないだろ。本気でそう考えていたとしたら悲しすぎる。

・マーケティング戦略の一つだったんだろ。

・太るだけだろ。

・「太る」と「糖尿病になる」を忘れてるぞ。

・つまり、マクドナルドを食べると超サイヤ人になるのか?

・日本のマクドナルドのチキンカツバーガーとテリヤキバーガーは美味しいけどな。でもそれで肌が白くなったり、背が伸びたりはしないだろう。

・ということは日本のマクドナルドにはフィレオフィッシュはないんだろうか。

・アソコも大きくなるんだろうか。

・スモウレスラーが増えるだけだろ。

・アジア人はみんな白人になりたがってるからな。

・遺伝学や優生学を全く理解してなかったのか。

・日本マクドナルドを創業するのに生物学の知識は必要ないんだな。

・でも日本人は魚と米を食べてるおかげで130歳くらいまで生きられるんだろ。それでいいじゃないか。

・たしかに栄養のある食事を摂っていれば背は伸びるだろうけど、マクドナルドのハンバーガーが魚と米の食事より栄養があるとは思えない。

・日本のマクドナルドはアメリカのマクドナルドと違ってヘルシーだからな。でもそれで金髪にはならない。

・日本マクドナルドの創業者はあまり栄養学を理解していなかったようだな。

・興味深いな。アメリカではアジア人のように健康的で痩せているのが理想なのに、アジアでは太っている=金持ちだから、アジア人はみんな大きくなりたいんだな。

・マクドナルドばっかり食べてたら身体に良くないぞ。

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク