【訃報】スター・ウォーズのレイア姫役、キャリー・フィッシャーさん逝去…海外の反応

『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られるアメリカの女優、キャリー・フィッシャーさんが2016年12月27日、亡くなりました。60歳でした。

 

キャリー・フィッシャーさんは12月23日にロンドンからロサンゼルスに向かう飛行機の中で心臓発作を起こして入院していました。

父親は歌手のエディ・フィッシャー、母親は女優のデビー・レイノルズ。父方の祖父がロシア系ユダヤ移民である。
最も知られている出演作は、レイア・オーガナを演じた『スター・ウォーズ・シリーズ』旧3部作(エピソード4-6)。1983年、シンガーソングライターのポール・サイモン(元サイモン&ガーファンクル)と結婚するが、わずか1年で離婚している。
女優業以外にも、映画のスクリプト・ドクター(脚本監修)や、グラミー賞授賞式の脚本家など、映画業界の裏方としても活躍している。

キャリー・フィッシャー – Wikipedia

キャリー・フィッシャー

以下、海外の反応。

 

 

・60歳は若すぎるよ…

 

・2016年は最後まで悲しいニュースばかりだったな。

 

・今年は有名人がたくさん亡くなった。

 

・はるか彼方の銀河系へ旅立ってしまったのか。

 

・僕にとっての姫はレイア姫ただ一人だった。

 

・ついさっき、キャリー・フィッシャーは回復したのかどうかを検索してたら訃報を知った。僕の子供時代の一部だったのに。

 

・ひょっとしてクリスマスが終わるまで発表を待ってたのかな?

 

「NOOOOO!!!」

 

 

・もうずいぶん昔から、ずっとキャリー・フィッシャーのことをみんな大好きだったんだよな。

 

・彼女は映画史上で初めての本当の意味でのヒロインだった。スター・ウォーズを作ったのはキャリー・フィッシャーとマーク・ハミルだったんだ。

 

・次の『スター・ウォーズ エピソード8』はどうなるんだ?

 

・エピソード9には出演できないだろうな。CGを使って蘇らせるみたいなことはしないでほしい。

 

・ちょうど今日、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観に行く車の中でラジオでこの訃報を聞いたんだ。

 

 

・でも最後にスター・ウォーズの新シリーズでキャリー・フィッシャーのレイア姫をもう一度見られてよかった。

 

・こんなに悲しいことはないよ。倒れたけど回復していってると思ってた。

 

・彼女は死んだんじゃない。もっと大きな存在になったんだ。

 

・どうか安らかに眠ってください。

 

・フォースとともにあらんことを。

 

 

出典:Reddit

海外の反応
スポンサーリンク
わんだーらぼをフォローする
最近の投稿: きょうのこと

映画『アルゴ』を紹介

『アルゴ』は、在イランアメリカ大使館人質事件の救出劇を描いた映画。ベン・アフレックが監督・主演し、アカデミー賞3部門を受賞。CIAのトニーは、6人の大使館員を架空の映画スタッフに偽装してイランから脱出させる作戦を実行する。

映画『アメリ』を紹介

フランス映画『アメリ』の主演はオドレイ・トトゥで、アカデミー賞にもノミネートされた。登場人物や映像、音楽の全てが愛おしい。舞台はパリのモンマルトル。赤と緑の色使いが印象的。幸せになることをテーマにしたメルヘンチックな作品です。

映画『ファイトクラブ』を紹介

映画『ファイトクラブ』では、不眠症の男性がタイラー・ダーデンという男性と出会い、地下室で殴り合う「ファイトクラブ」を始めるが、次第に過激になっていく。監督はデヴィッド・フィンチャー、主演はブラッド・ピットとエドワード・ノートン。

映画『エターナル・サンシャイン』を紹介

『エターナル・サンシャイン』は、恋人と別れた男性が記憶除去手術を受けるラブストーリー。監督はミシェル・ゴンドリー、主演はジム・キャリーとケイト・ウィンスレット。脚本はチャーリー・カウフマンで、物語の構造が独特で不思議な感覚を味わえる。

映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を紹介

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』は、性別適合手術の失敗で股間に男性器が1インチ残ってしまったトランスジェンダーのロック歌手、ヘドウィグの人生を描いたミュージカル映画。ヘドウィグは愛と自分のアイデンティティを探す旅に出る。

わんだーらぼ
タイトルとURLをコピーしました