シェアする

安倍首相「TPPに中国も参加すれば、戦略的にも非常に大きな意義がある」…海外の反応

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉が大筋合意したことについて、安倍晋三首相は2015年10月6日、首相官邸で記者会見を開きました。「日本とアメリカがリードして、アジア太平洋に自由と繁栄の海を築き上げる」「世界経済の4割近くを占める広大な経済圏が生まれる」「TPPは国家100年の計」と語りました。さらに「将来的に中国も参加すれば、我が国の安全保障にとっても、アジア太平洋地域の安定にも大きく寄与する」「戦略的にも非常に大きな意義がある」と語りました。

反TPP論

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・中国は絶対にいらない。

・中国はやめておけ。日本、ベトナムのマレーシアの製品の中心はアメリカであるべき。

・日本はもうTPPから抜けたがっているのか?

・中国だけはTPPから外しておいた方がいいよ。

・たしかに中国は最大の市場だからな。

・もし中国をちゃんとした学者が主導して、崩壊への道から救い出せば、世界はもっと上手く回るようになるのに。

・中国が参加しないなら、TPPには何の意義もないよ。世界で一番大きい市場は中国なんだからね。

・アメリカは自分で自分の首を絞めてるよ。

・TPPなんて参加しない方がいいよ。

・TPPは貿易の輪の中から中国を締め出すためのものだからね。

・中国はTPPには向いてないだろ。知的財産という概念を中国が理解できるとは思えない。

・共産主義国である中国は民主主義国にとっては脅威だからね。

・中国にモノを買ってもらおうとしているうちは市場で勝ち残れないよ。

・ナイキ、ケンタッキー、ボーイングやフォルクスワーゲン、みんな中国で儲けてるぞ。

・中国は日本を侵略しようとしてるのに、なんで中国製品を買うんだ?

出典:Japan’s Abe says TPP would have strategic significance if China joined

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク