千葉の懸垂式モノレールがカッコよすぎる…海外の反応

千葉の懸垂式モノレールの画像がカッコいいと海外で話題になっています。

千葉都市モノレール

 

画像は千葉都市モノレールと思われます。サフェージュ式懸垂式モノレールと呼ばれる形で、現在、日本で運行しているサフェージュ式懸垂式モノレールはこの千葉都市モノレールと湘南モノレールのみのようです。懸垂式モノレールは他にも上野懸垂線の上野式、広島短距離交通瀬野線のロープ駆動懸垂式などがあるようです。

千葉みなと駅から県庁前駅を結ぶ1号線と、千葉駅から千城台駅を結ぶ2号線の2路線を持つ。1988年3月28日に最初の区間である2号線スポーツセンター駅 – 千城台駅間が開業し、1999年3月24日に1号線を含めた全線が開通した。総営業距離15.2kmは懸垂式モノレールとしては世界最長で、2001年にギネス世界記録に認定されている。

千葉都市モノレール – Wikipedia

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

 

 

・未来っぽくていいね。

 

・めっちゃカッコいいな。俺はなんで今までこれを知らなかったんだろう。

・モノレールってものを今まで知らなかったの?

・もちろんモノレールは知ってるが、吊り下げ式のは初めて見た。

 

 

・カッコいいけど、そんなに大した技術は使ってないよ。

 

・調べてみたんだけど、これは1988年に開通したみたい。技術自体は19世紀後半くらいから開発されてたみたいだけど。最初に懸垂式モノレールが開通したのは1901年、ドイツのヴッパータールだね。

 

 

・普通にレールに乗せないで吊り下げる意味はなんなの?見た目がカッコいいから?

・雪や泥がレールに溜まるのに悩まされなくていいからかな?

・省スペースのためだろ。日本はあんな小さい国土に1億3000万人も住んでるんだぜ。

 

 

・他にもたくさん画像あるよ。

千葉都市モノレール

千葉都市モノレール

千葉都市モノレール

千葉都市モノレール

 

 

・1980年代には近未来的だったんだろうけどな。

 

・ヴッパータール空中鉄道の方が先だな。

Wuppertaler Schwebebahn in Elberfeld.jpg
Wuppertaler Schwebebahn in Elberfeld” by W-tal-1投稿者自身による作品. Licensed under CC0 via ウィキメディア・コモンズ.

Wuppertal kaiserwagen.jpg
Wuppertal kaiserwagen” by 投稿者自身による作品JuergenG. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

Schwebebahn ueber Strasse.jpg
Schwebebahn ueber Strasse” by Oktaeder – German Wiki de:Bild:Schwebebahn ueber Strasse.jpg by Oktaeder. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.

ヴッパータール空中鉄道

民間のドイツ人技師カール・オイゲン・ランゲン (Carl Eugen Langen 1833-1895) が開発したランゲン式を採用している。1898年に着工され、1901年に開通した。幾度かの更新を経て2008年現在も都市交通機関として使われており、現役最古のモノレールとなっている。

ヴッパータール空中鉄道 – Wikipedia

 

 

・これでレールの上にも走らせたら、一気にインフラが倍になるな。

 

・普通のモノレールと、懸垂式モノレールとどっちがコストが低いんだろうか。

 

・でもこれだと事故があって動かなくなったら大変なんじゃないの?たとえば火事になったら、乗客が全員こんがり焼けちゃう。

 

・カウボーイビバップの劇場版に出てきたやつじゃね?

劇場版 カウボーイビバップ 天国の扉

 

 

・これだと線路の上に誰かが落ちちゃうってことがなくていいね。

 

・車両の床がガラスだったら面白いね。

 

・ゴジラに狙われそう。

 

 

出典:Suspended monorail cutting through the city, Chiba, Japan