シェアする

『スーパーマリオ オデッセイ』が発売から3日間で50万本を売り上げる…海外の反応

任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」向けのソフト『スーパーマリオ オデッセイ』が2017年10月27日に発売となり、発売から3日間の売上が50万本という驚異的な売れ行きだったことが話題になっています。また、『スーパーマリオ オデッセイ』の発売日を含む10月23日から29日の一週間のNintendo Switchの売上は13万台だったということです。

 「スーパーマリオ オデッセイ」は発売3日間(初週)で、51.2万本を販売。Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けソフトの初週販売本数としては、「スプラトゥーン2」の67.1万本に次ぐ、歴代2位を記録したという。

ニンテンドースイッチの週間販売台数も、前週の2.4万台から5.6倍の13.3万台と上昇。ゲーム機本体の売り上げにも貢献した。これによりニンテンドースイッチ本体の総販売台数は、204万1,221台となり、発売から約8カ月で累計200万台を突破したという。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1102/zks_171102_8657516899.html

スーパーマリオ オデッセイ

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・僕も『スーパーマリオ オデッセイ』を買ったよ!めちゃくちゃ面白い!これくらいのクオリティのゲームをずっと作り続けてほしい。

・しかもNintendo Switchは今週13万台も売れたからな。日本だけで。凄すぎるよ。

・俺も今週の月曜日にSwitchを買ったよ。マリオをプレイするためにね。

・9月の時点では日本でSwitchの累計販売台数は150万だったはず。3分の1の人が『スーパーマリオ オデッセイ』を買った計算になる。

・今年中にSwitchを持ってる人の8割がマリオを買うんじゃないかな。

・全世界で数えると3日で200万本も売れてるからな。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』でも1週間で150万だった。任天堂のゲームで最速なんじゃないかな?

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

・でもNintendo Switchって売り切れてて手に入らないんだろ?

・今のところアメリカでは買えるよ。感謝祭の後、12月には売り切れてるだろうけど。

・『スーパーマリオ オデッセイ』はたしかに面白い。でも、他のマリオシリーズには勝てないかな。敵が弱すぎんだよ。

・たしかに素晴らしい出来だけど、期待を超えるものではなかった。10点中の8.5点って感じ。

・面白いんだけど、記憶に残るゲームではない。

・べつに驚くほどのことではないだろ。みんな任天堂のソフトで遊ぶために任天堂のハードを買うんだから。

・僕はNintendo Switchを発売日に買ってからずっと遊んでるんだけど、間違いなくSwitchはWiiを超えるね。任天堂のハードはバランスがいいんだよな。

・Nintendo Switchの良さって「少しずつプレイできること」だと思う。20分だけ遊んで、何時間か中断して、また20分だけ遊ぶということができる。『スーパーマリオ オデッセイ』はまさにこの遊び方に適している。

・今年はゼルダとマリオのおかげで大成功したけど、この勢いを2018年もキープできるかな?

・まだ任天堂にはポケモン、スマッシュブラザーズ、どうぶつの森もあるから、まだ続くだろう。今年の年末には『ゼノブレイド2』も発売される。

ゼノブレイド2

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク