シェアする

沖縄県民大会に6万5000人が参加、アメリカ海軍の撤退を訴える…海外の反応

沖縄県那覇市の公園で2016年6月19日、米軍撤退を求める大規模な県民大会が行われ、主催者側の発表で6万5000人が集まり、抗議の声を上げました。県民大会を主催したのは「オール沖縄会議」というグループ。県民大会では、アメリカ軍属の男性によって暴行、殺害された女性を悼み、参加者による黙祷が捧げられました。

翁長知事は「政府は県民の怒りが限界に達しつつあること、これ以上の基地負担に県民の犠牲は許されないことを理解すべきだ。県民の先頭に立って、日米地位協定の抜本的な見直しや、新辺野古基地建設阻止などに取り組んでいく不退転の決意を表明する」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160619/k10010562011000.html

沖縄の不都合な真実

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・なら撤退してやろうじゃないか。それで日本人がいかにアメリカに頼っていたか、わからせてやればいい。

・もし米軍が撤退しても、後で必ず戻って来てくれって言ってくるよ。今のフィリピンみたいにね。

・米軍基地には全く犯罪を犯さない兵士もたくさんいると思うけど。

・沖縄で犯罪を起こすのは米軍兵士だけじゃなくて、現地の沖縄県民もやってるはずだけどな。米軍が撤退したって犯罪はなくならない。

・アメリカ軍によると、アメリカ軍兵士による犯罪率は現地の沖縄県民による犯罪率より低いらしいけど、だからといって今回の事件が許されるものではないからね。

・この事件に関してはオバマは謝罪に行かないのかな。

・1970年頃に沖縄にいたけど、そのときも同じような問題で暴動が起きてた。もう沖縄からは撤退しよう。

コザ暴動(コザぼうどう、英語: Koza Riot)とは、1970年(昭和45年)12月20日未明、アメリカ施政権下の沖縄のコザ市(現在の沖縄県沖縄市)で発生したアメリカ軍車両および施設に対する焼き討ち事件である。直接の契機はアメリカ軍人が沖縄人をはねた交通事故であるが、その背景には米施政下での圧制、人権侵害に対する沖縄人の不満があった。

コザ暴動 – Wikipedia

沖縄女子、アメリカ人と結婚してみたら

・アメリカ軍が他の国に駐留するなら、その国の文化を尊重し、法律を守るべき。

・米軍が撤退したら沖縄はすぐに中国に侵略されるよ。そして中国軍が駐留するようになるんだ。

・もうアメリカはずいぶん長い間、世界の警察を務めてきたから、そろそろ他の国には自分達で自分の身を守らせよう。

・米軍は日本を守ってあげていて、しかも沖縄の基地周辺で金を落としてあげてるのに、それでも出て行けって言われるなら出て行ってやろうじゃないか。

・日本人が出て行けって言ってるのに、なぜアメリカ軍は沖縄に駐留し続けるの?

・沖縄人と日本人は全く別物だからね。

・もう沖縄からは引き上げよう。日本と中国との間の領土問題なんかに巻き込まれたくない。

・日本人には自分達で中国や北朝鮮との問題を解決させればいいよ。

・今の基地がある周辺にはほとんど人が住んでなかったんだけど、米軍が現地で使う金を目当てに、たくさん人が集まってきて住むようになったんだよね。米軍が撤退すれば現地の経済は大変なことになると思うよ。

・もう米軍基地はヨーロッパからも全部引き上げよう。そして、自分達で自分の国を守らせよう。

出典:Yahoo

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク