シェアする

米軍基地の辺野古移設に反対、沖縄県民大会に3万5000人が参加…海外の反応

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する沖縄県民大会が2015年5月17日、那覇市の野球場で行われました。県内外から集まった参加者は3万5000人。翁長雄志知事が辺野古移設反対を訴え、政府を強く批判した他、アメリカの映画監督、オリバー・ストーン氏による激励のメッセージも紹介。翁長知事は27日から訪米し、今大会の様子を含め、米軍基地移設反対の民意をアメリカ政府に直接訴える予定。

普天間基地の移設が持ち上がったのは、沖縄米兵少女暴行事件のような米軍兵士の問題行動や、事故・騒音問題のためであり、無人地帯に移設しない限りただ場所を移しただけになってしまい問題はそのまま継続される。また、移設費用は日本も負担する。その点で、現在進行中の辺野古沖現行案は滑走路や固定翼機の飛行ルートが市街地から離れるよう海上へ基地を建設するため、事故・騒音問題は改善されると思われる。
この問題は普天間基地が集落の中にあることが原因とみられがちだが、普天間基地運用開始の1945年当時は現在のようには集落は密集しておらず、集落は普天間基地の運用開始後に段々と密集していった。 これは、事故・騒音問題として後述する普天間第二小学校が普天間基地運用開始24年後の1969年に設立されたことにも言える。

普天間基地移設問題 – Wikipedia

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・沖縄から米軍基地を撤退すれば、中国にとっては日本を侵略する格好の機会になる。日本人はそのことに気づかないのか。日本人は中国人になりたいのか。

・アジアのバランスがとれているのはアメリカの影響が大きいはずだよ。

・もう沖縄の基地なんて撤退して、アメリカ国内の教育や福祉に金を使おうぜ。

・沖縄を他国の侵略から守るための米軍基地だったけど、もうすでに沖縄は侵略されているようだね。

・沖縄には60年代に駐留してたことがあるけど、もう沖縄からは撤退して、メキシコとの国境の防衛に税金を使う方がマシ。

・1985年に沖縄にいたけど、あそこに行きたいって奴はたぶんいないよ。

・もう沖縄からは撤退してグアムかハワイに移設しようぜ。

・1980年代に嘉手納基地にいたけど、その時も抗議する人達はいたよ。沖縄県民は本土の日本人とは全然違うんだよね。

・沖縄には6年ほど駐留してたんだけど、沖縄は好きだし、沖縄の人達も好きだよ。でも米軍兵士による強姦事件もあったからな。沖縄県民が米軍を嫌う気持ちもわかる。

沖縄米兵少女暴行事件(おきなわべいへいしょうじょぼうこうじけん)とは、1995年(平成7年)9月4日に沖縄県に駐留するアメリカ海兵隊員2名とアメリカ海軍軍人1名の計3名が、12歳の女子小学生を拉致した上、集団強姦した強姦致傷および逮捕監禁事件である。

沖縄米兵少女暴行事件 – Wikipedia

・もし戦争が起これば、確実に沖縄が最初に攻撃されるんだが。

・アメリカ軍に出ていけなんて言う国からはもう撤退しようぜ。そうすれば余計な税金を使わなくて済む。

・米軍基地を閉鎖すれば職を失う沖縄県民が何千人もいるんじゃないの?

・こんなに反対するんなら撤退してみればいい。すぐに日本人はやっぱり守ってくれってアメリカに助けを求めてくるよ。こんな集会は止めさせろ。止めなければ日本という国は地図から消えることになる。

・米軍が撤退して、すぐに中国から侵略されたフィリピンのようになりたいのか?

かつてはフィリピンがこの領域をコントロール下に置いていた。1995年に中国は、フィリピン海軍がモンスーン期でパトロールをしていない時に、ここに建築物を建造した。この時期、ソ連崩壊後の米比相互防衛条約解消の流れから、1995年の共同軍事演習を最後に、在フィリピン米軍は撤退を完了していた。フィリピンはすぐさま中国に対して抗議を行うが、中国はこれに応じず、建造物は「自国の漁師を守るためのもの」であると主張した。

ミスチーフ礁 – Wikipedia

・米軍が撤退しても沖縄県民は自分達で経済を回せるのかな?

・沖縄に金を落とす2万人の米軍兵士がいなくなってもいいの?

・日本が軍拡すれば、駐留するアメリカ軍も少なくて済むんだけどな。そんなすぐには無理だろう。

・日本とアメリカは同盟国だと思っていたんだが。

出典:Thousands rally against US military base on Japan’s Okinawa

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク