シェアする

日本語指導が必要な外国籍の子供が過去最多に…海外の反応

文部科学省が2017年6月13日に発表した「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査」で、「日本語指導が必要」な外国人の子供が過去最多を記録したことがわかりました。調査結果では2016年5月1日現在で「日本語指導が必要な外国籍の児童生徒」は34335人で前回の2014年度から5137人増えて過去最多、日本国籍で日本語指導が必要な子供も9612人で過去最多になりました。

「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査(平成28年度)」の結果(PDF)

 外国籍の子の母語は、ポルトガル語(25・6%)と中国語(23・9%)でほぼ半数を占める。都道府県別では愛知県(7277人)が最も多く、神奈川県(3947人)、東京都(2932人)、静岡県(2673人)、大阪府(2275人)の計5都府県に全体の約5割が集中していた。

http://www.asahi.com/articles/ASK6D5J3CK6DUTIL04Q.html

移民受け入れ大国

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・大したことないだろ。フランスはフランス語の指導が必要な人間ばかりだよ。

・子供は言語を習得のが驚くほど速いから、普通の学校、普通のクラスに放り込めばすぐに日本語を覚えるよ。

・僕は小学4年生のときに全く知らない国の学校に行くことになったんだよね。最初の半年は全く授業もわからないから成績も悪かったけど、一年経つと成績が急に上がった。だから今、日本語ができない子供も心配することはないよ。

・私はアメリカ人だけど、アメリカは多文化国家、多人種国家だから、英語ができない子供のための英語指導は普通にあるんだ。世界はこれからもグローバル化が進むから、日本にも外国人はもっと増えると思うよ。

異文化理解力

・外国人の子供が増えるのはいいことだよ。子供が増えれば労働人口も増え、経済も上向き、少子高齢化社会に歯止めがかかる。

・僕は日本の出生率改善に一役買ってるよ。日本でハーフの子供を二人も作った。

ステキな外国人に恋したら、英語がペラペラになりました

・日本にいるブラジル人のコミュニティは閉じてるから、日本語ができない子供も多そうだな。家でポルトガル語しか話さなかったら、子供もポルトガル語だけで日本語は話せなくなる。そうしてどんどん日本の中で孤立していく。

・浜松にもブラジル人のコミュニティがあるけど、そこでは日本語が全く理解できなくてもポルトガル語だけで生活できちゃうんだよね。

・子供はすぐに日本語を習得するよ。僕が日本にいたとき、教え子に台湾人の兄弟がいたんだけど、その子達は家では全く日本語を話さなかった。でも数ヶ月もしたらすぐに日本語が話せるようになってたよ。

・そういえば日本人の日本語教師って海外にはあまりいないよね。イギリスで僕が通ってた大学で日本語を教えられる唯一の先生はドイツ人だった。

・僕の大学には大阪から来た女性の日本語教師がいたよ。

・僕の大学は日本人の日本語教師を雇ったけど、授業で「日本は第二次世界大戦のときに何も悪いことしてない」って話ばかりしてた。

・日本語しか喋れない子供より二ヶ国語以上できる子供の方が優れているよ。

・「日本語の指導が必要」な子供ってつまりバイリンガルの子供だろ。バイリンガルの子供が増えるのは素晴らしいよ。大人になってからバイリンガルになるのは難しいからね。

お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法

・バイリンガルの子供に対応できない国なんて日本だけだろう。世界は多言語社会なんだから、早く日本も追いつくべき。

・日本語を学ばなければならないのは日本に住んでる子供はみんなだから、何も問題じゃない。

出典:RedditFacebook

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク