シェアする

渡辺信一郎監督による『ブレードランナー 2049』の前奏アニメが公開…海外の反応

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編である『ブレードランナー2049』が2017年10月27日に公開(アメリカでは10月6日)されるにあたって、『ブレードランナー』の舞台となる2019年と『ブレードランナー2049』の2049年を繋ぐ短編ストーリーが公開されています。

短編は全部で3話。先に公開されていた2036年の物語、2048年の物語に加えて、2022年に起こった大停電を描く短編アニメ『ブレードランナー ブラックアウト 2022』が公開されました。監督を務めるのは渡辺信一郎氏。イギーとトリクシーという二人のレプリカントが登場します。

こちらは2036年と2048年の出来事を描く短編。

2049年。ロサンゼルス警察の新人ブレードランナーのKは社会を揺るがそうとする新たな危機に直面する。
そこでKはかつて人間と見分けのつかない「レプリカント」の暴挙を阻止しようとしていた、30年間行方不明になっているブレードランナーのリック・デッカードの協力を仰ごうと探し始める。

ブレードランナー 2049 – Wikipedia

ブレードランナー

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・『ブレードランナー2049』の前日譚が3話公開されてるけど、その中でこれが一番いいね。『ブレードランナー2049』のブルーレイの中に収録してほしい。

・こういうのがもっとメジャーになってほしいな。僕は『マトリックス』シリーズの中でも『アニマトリックス』が2番目に好きなんだ。

・渡辺信一郎は『アニマトリックス』でも短編を一つ担当していたね。

アニマトリックス

・トリクシーっていう女の子のキャラクター描写がすごい好き。

・このキャラクター達が登場するアニメシリーズを作ってほしい。

・砂漠での戦闘シーンが他のシーンと全く違うアニメーションになってて、そこが最高だった。

・この世界に『カウボーイビバップ』のキャラクター達が登場したら面白いだろうな。

・これでもし『ブレードランナー2049』が面白くなかったらどうしよう…

・『ゴースト・イン・ザ・シェル』みたいなことになるかも。

ゴースト・イン・ザ・シェル

・僕は『ブレードランナー2049』を前知識なしにみたいから極力、予告編も見ないようにしてるんだけど、この前日譚の短編は見た方がいいのかな?

・前日譚だから本編のネタバレにはなってないとは思う。

・レプリカントってこんなに強かったっけ?オリジナルの『ブレードランナー』ではここまで戦闘能力が高い設定じゃなかった気がするけど。

・フライング・ロータスの音楽が『ブレードランナー』の世界観と絶妙にマッチしてるね。

・渡辺信一郎って今まで知らなかったけど、『カウボーイビバップ』も見てみようかな。

・EMP爆弾って渡辺信一郎が監督をやってた『残響のテロル』でも使ってたよね。

残響のテロル

・頼むから『カウボーイビバップ』の続編を作ってくれよ!

出典:Reddit

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする