日本語吹き替え版『インサイド・ヘッド』の細かいローカライズが素晴らしい…海外の反応

日本では2015年7月18日から劇場公開されているディズニー/ピクサー映画の『インサイド・ヘッド』ですが、日本語吹き替え版には差し替えられているシーンがあるようです。主人公のライリーが嫌いな食べ物であるブロッコリーを食べさせられるシーンが、日本語吹き替え版ではピーマンに代わっています。

View post on imgur.com


、(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 

字幕版ではブロッコリーのままのようです。

インサイド・ヘッド|映画/ブルーレイ・デジタル配信|ディズニー|Disney.jp |
ディズニー/ピクサー映画「インサイド・ヘッド」の公式サイト。予告・動画、上映劇場・チケット、ストーリーやキャスト・スタッフ、キャラクターなど、最新情報をご紹介します。-ディズニー公式
スポンサーリンク

以下、海外の反応。

 

 

・ブロッコリーよりピーマンの方が美味しいだろ。

 

・こういう細かい修正は好き。

・でもアニメオタクはこういうローカライズって嫌うよね。

 

 

・こういうこだわりが良い作品を生むんだよな。

 

・でも子供にピーマンを食べさせるのにスプーンはおかしいだろ。

 

・こういうローカライズもされてるみたい。

イギリス
インサイド・ヘッド

、(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 

アメリカ
インサイド・ヘッド

、(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 

 

・朝食にブロッコリーやピーマンだけってのはおかしい。

 

・ピーマンだけをそのまま食べる奴なんていないだろ。

 

・たしかクレヨンしんちゃんもピーマンが嫌いだったな。

 

・僕はブロッコリーもピーマンも好きだけどな。もっとみんなが嫌いなメキャベツとかにすればいいのに。

 

・ちなみにタイトルもローカライズされてる。日本では『Inside Out』じゃなくて『Inside Head』らしい。

 

・『ポケットモンスター』では日本語版では「おにぎり」と言ってるセリフが英語版では「ドーナツ」になってたな。

 

・ピーマンなんて何も味がしないのに、どうして嫌いなんだろう。

 

・子供の頃はブロッコリーが嫌いだったけど、大人になってから大好きになってタトゥーまで入れた。

ブロッコリー

 

・俺もピーマンは嫌い。日本に生まれればよかった。

 

・緑のピーマンは嫌いだけど、赤いピーマンや黄色いピーマンは美味しい。

 

・そういえば日本に住んでいたとき、隣の家の女の子が「ピーマン大嫌い!」と言う声が毎日のように聞こえてきていた。

 

 

出典:In Japan, the broccoli in “Inside Out” was replaced with green peppers, which are more universally hated by Japanese children