シェアする

温泉での「タトゥーお断り」について観光庁が調査…海外の反応

最近では日本人でもファッションとしてタトゥーを入れる人が増えているようですが、日本では昔から犯罪者の印として、または暴力団員の象徴として使われてきた歴史があり、温泉や銭湯、またはプールなどで禁止されています。そういった背景を理解できない外国人旅行者と温泉などの施設でトラブルになるケースが少なくないということで、観光庁がアンケート調査を行うそうです。

日本を訪れる外国人旅行者が急増するなか、温泉などの施設で「入れ墨・タトゥー」を入れた旅行者が入浴を断られ、戸惑いの声が上がっていることから、観光庁は、全国の宿泊施設を対象にトラブルの有無などのアンケート調査を行って今後の対応を検討することになりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150618/k10010118481000.html

入れ墨を入れた者は、暴力団構成員と認識され、公衆浴場(温泉、大浴場、サウナ、銭湯、スーパー銭湯、健康ランドなど)や遊園地、プール、海水浴場、ジム、ゴルフ場などへの入場を断られることがある。これは日本では暴力団員が入れ墨を威勢を示す手段として用いてきたことによる。

入れ墨 – Wikipedia

スポンサーリンク

Warning: preg_replace(): Unknown modifier '/' in /home/wonder-lab/www/wp/wp-content/plugins/jetpack/class.photon.php on line 346

以下、海外の反応。

・タトゥーより温泉で水着を履いてる外国人の方が嫌い。

・タトゥーが禁止される文化的背景は理解できるけど、時代の変化とともにルールも変えるべき。

・タトゥーを禁止すれば暴力団と面倒くさい外国人の両方を防ぐことができるからね。

・タトゥーは暴力団のシンボルだからダメっていうけど、外国人は暴力団とは関係ないはずだろ。

芸能界と暴力団

・僕はタトゥーがあるんだけど、銭湯は断られても温泉は断られないよ。宿泊料金を払った後に出て行けと言うのは難しいんだろうね。

・タトゥーのある客を断るのはオーナーの自由だからな。喫煙がOKかどうかを決めるようなもの。自分が温泉を経営していたら、タトゥーはOKだけど、喫煙はNGにする。あとドレッドロックスの人が温泉に入るのも禁止にする。


Dreadlocked rasta“. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

・僕はタトゥーを入れてるけど、タトゥーをしてない人がタトゥーに対して不快に思う気持ちは理解できる。だからタトゥーの人専用の温泉を作ればいいんじゃないかな。

・日本の入れ墨に関する歴史を知れば、温泉に入るのを禁止されるのも仕方ないと思う。

・そもそも僕はタトゥーなんて嫌いだ。アホらしいと思ってる。

・タトゥーのある人が温泉やプールに入れないなら、なんで日本にはタトゥーの店があるんだ?

・私もタトゥーは嫌い。私の国ではタトゥーは犯罪者のシンボルだからね。

・日本人のタトゥーに対する意識は時代遅れだよ。

・私は日本に住んでるんだけど、タトゥーを入れてる外国人の友達が温泉に行っても何の問題もなかったよ。

・見た目だけで人を判断するのは良くないよ。

・ヒトラーはタトゥーを入れてなかったけど、マイケル・ジョーダンはタトゥーを入れてる。

・アニメのタトゥーはカワイイよ。

・その国にはその国のルールがある。それだけだ。

出典:Japan TodayFacebook

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク