シェアする

海外「ついに戦争か!」尖閣防衛のための新型ミサイル開発へ、2023年に配備…海外の反応

尖閣諸島などの離島防衛強化のため、新型の地対艦ミサイルを開発されることがわかりました。2017年度予算に開発費を盛り込み、2023年度に配備される予定であるとのことです。

 飛距離300キロを想定している。宮古島など先島諸島の主要な島に配備する方針で、尖閣諸島の領海までを射程に入れる。2017年度予算の防衛省の概算要求に開発費を盛り込み、23年度頃の配備を目指す。中国は尖閣周辺での挑発行動を繰り返しており、長距離攻撃能力の強化で抑止力を高める狙いがある。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160813-OYT1T50138.html

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域には連日、中国の公船が航行を続けており、2016年8月14日には12日連続で中国公船が尖閣周辺で確認されています。

陸海空自衛隊真の実力

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・いよいよ戦争が始まるのか。楽しみだな。

・やっぱりドナルド・トランプが言うように、日本は核兵器を持つべきだよ。

・日本は早く核兵器を作れよ。冷戦のときもそれで均衡が保たれていたんだから、今回もそれで上手くいくはず。

・中国はどんどん凶暴化している。日本はもう60年以上も平和主義を貫いてきたけど、もし中国が日本を目覚めさせれば第三次世界大戦も近い。

・もう何十年も日本人は中国や北朝鮮の横暴に耐えてきた。今こそ中国を止めるために日本が立ち上がるべき。

・こんな人も住めないような小さい島を争うのは化石燃料のためだろ?クリーンエネルギー開発が進めば解決するんじゃないの?

・原因は化石燃料だけじゃなくて、お互いの感情だよ。日本人も中国人も、お互いに譲るわけにいかないんだ。

・幼稚な中国共産党には国際法なんて理解できないからな。

・日本のカッコいいアニメをアメリカに提供してくれたら助けてやるよ。

・2023年に配備では遅すぎるだろ。そんなに長く世界経済はもたないぞ。

・なんで2023年までかかるんだ?すでにあるものを使えばいいだけだろ?

・ようやく日本は、中国が日本を侵略しようとしていることに気づいたのか?ちょっと遅すぎたな。

中国軍の実態

・最も気がかりなのはロシアの立ち位置だな。もしロシアと中国が手を組んで、ロシアが西に、中国が東に侵略を始めたら本当にヤバイ。どちらか一方ならまだ対処のしようがあるけど、その二つの国が一緒になったらもう止められない。

・中国を潰すのなんて簡単だよ、海上封鎖してしまえばいい。海上封鎖して、石油燃料倉庫をステルス攻撃で破壊すれば、膨大な国民に供給する燃料がなくなり、冬を越せなくなる。あるいは水道施設を破壊すればいい。

・中国は崩壊するよ。チベットやウイグル、台湾、香港に対する排外主義と天安門事件が原因でね。

・でも日本と中国の間に緊張状態を作らせて、それで利益を得ているのはアメリカなんだよな。

・日本は中国製品の輸入を禁止すればいい。そして中国にある日本企業の拠点を全て撤退させるんだ。そうすれば経済的に大打撃を与えられる。

・今の中国は危険過ぎる。新たなナチスになろうとしている。

出典:The Guadian

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク