『シン・ゴジラ』の予告編が公開、海外のファンも大興奮!…海外の反応

2016年7月29日に公開予定の『シン・ゴジラ』の予告編が公開され、世界中で話題になっています。『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりに日本で製作されるゴジラは『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明氏が総監督・脚本を担当、実写版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣氏が監督・特技監督を担当。

 

『シン・ゴジラ』公式ウェブサイト

 

2014年12月8日、同年公開の『GODZILLA ゴジラ』の世界的な大ヒットを受け、国産ゴジラの復活が発表された。
2015年4月1日、総監督・脚本に庵野秀明、監督・特技監督に樋口真嗣が起用されたことが発表された。庵野と樋口がタッグを組んだ短編映画『巨神兵東京に現わる 劇場版』が、彼らの起用の決め手になったという。

シン・ゴジラ – Wikipedia

ゴジラ

以下、海外の反応。

 

 

・めちゃくちゃ怖そう!今回は悪役として描かれてほしいな。

 

・火山口から這い出してきたみたい。

 

・これが新しいゴジラか。

・どちらかというと古いゴジラだけどな。

 

 

・怖そうだね。1991年の『ゴジラvsキングギドラ』のときのゴジラを思い出した。

ゴジラvsキングギドラ

 

 

・わりと良いデザインだと思う。すごく不気味で不吉な感じがする。

 

・なんか尻尾が妙に長い気がする。

・しかもその尻尾の動き方がすごく不自然。

・猫っぽいよな。

 

 

・2018年公開予定のハリウッド版ゴジラの続編に期待するしかないな。

 

・なんか偽物っぽい。

・そりゃあゴジラだからな。

 

 

・これは何かの冗談なのか?本当にこれが2016年版のゴジラなの?

・日本のゴジラだからね。ハリウッドのような予算はない。

・オリジナルに忠実なんだよ。

 

 

・なんかロボットみたいな動き方だよな。

 

・なんでこんな炭化したみたいなんだ?

 

・1999年版のゴジラが一番良かった。

 

・庵野秀明だから大丈夫。

・早くエヴァンゲリオンを作れよ。

 

 

・音楽はけっこう良い思う。

 

・2014年のハリウッド版はガッカリだったから、このゴジラには期待してるよ。

 

 

出典:Reddit