シェアする

海外「日本人は凄すぎる!」大隅良典氏がノーベル医学生理学賞を受賞!…海外の反応

東京工業大栄誉教授の大隅良典氏が2016年のノーベル医学生理学賞を受賞することがわかり、海外でも話題になっています。大隅氏の受賞は2016年10月3日、スウェーデンのカロリンスカ研究所が発表。

大隅氏は生物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を分子レベルで解明。この働きに不可欠な遺伝子を酵母で特定し、生命活動を支える最も基本的な仕組みを明らかにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000051-mai-soci

オートファジー (Autophagy) は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。自食(じしょく)とも呼ばれる。酵母からヒトにいたるまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関与している。このほか、個体発生の過程でのプログラム細胞死や、ハンチントン病などの疾患の発生、細胞のがん化抑制にも関与することが知られている。

オートファジー – Wikipedia

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・おめでとうございます!

・素晴らしい発見をしたんだね。

・なんかすごく紳士的でいい人そう。

・日本って本当にたくさんのノーベル賞受賞者を輩出してるよね。

・ミヤギさんがノーベル賞をとったのか。

ベスト・キッド

・これは嬉しいことだね。村上春樹にもノーベル文学賞をとってほしい。

・『海辺のカフカ』が受賞するのか。

・『1Q84』だろ。

・『ノルウェイの森』に決まってるだろ。

・あれって作品じゃなくて作家個人が受賞するんじゃないの?

・科学の進歩のために骨身を惜しまず研究に勤しんだんだよな。頭が下がるよ。

・オートファジーの解明で一人しか受賞者がいないのはおかしいんじゃないの?

・他に受賞しそうな人っているかな?

・大隅さんが研究をし始めたときには他に誰もオートファジーに興味を持ってた人はいなかったよ。

・ノーベル賞って一人の学者じゃなくて、その分野の研究に携わった複数の学者に与えられるべきだと思うんだよね。

・でもこの分野に関しては大隅さんが一人で研究してたんだよ。彼が発表してからようやく医学界が注目し始めたんだ。

・これは受賞して当然だね。

・大隅良典氏はまだ誰も存在すら知らないような分野で、手探りで研究を始めたんだ。本当に素晴らしい研究者だよ。受賞してよかった。

・人類は映画俳優ばかりチヤホヤしてないで、こういう人こそ褒め称えるべきだよね。

出典:RedditGuardians

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク