シェアする

外国人が日本に帰化しようと思わない理由とは?…海外の反応

日本に来て10年経つカナダ出身のミカエラさんが「なぜ日本に帰化しようと思わないか」を語る動画です。

なぜ日本に帰化しようと思わないか、その主な理由は、やはり日本に完全に馴染むのは難しいから、ということのようです。日本は他の国のように移民が多くはないので、外国人はいつまで経っても外国人だということ。いくら日本語を話せるようになって、日本で仕事をして、日本の国籍をもらえても、顔が外国人なら外国人として見られる。

外国人に恋したら英語がペラペラになりました

スポンサーリンク

以下、コメント欄のまとめ。

・すごく日本人のことをよく理解しているね。

・私は今までに4回、海外に住んだことがあって、その国の国籍をとろうと思ったこともあったけど、カナダの国籍を捨てようとは思ったことはない。二重国籍が認められるならいいけど、ビザで滞在できるならそれで十分。

・いくら日本語を話せて、日本の文化も知っていて、日本の国籍を持っていても、外国人として見られて、箸の使い方を褒められたり、いつ自分の国に帰るかを聞かれたりするんだ。

・たしかに日本人全員の意識を変えるなんて不可能だからね。

・日本が自分の国の文化を守りたいのはわかるけど、今はグローバル化の時代だから、もっと日本も心を開くべき。

・日本が単一文化の国なのは悪いことではないと思う。欧米の国は昔からの文化や伝統をなくしてしまっている。

・日本が羨ましい。ヨーロッパでは自分の国の文化を守ろうとすると人種差別主義者だって言われる。

・逆にアメリカやカナダに移住した日本人も同じように苦労してるよ。いくら多様性のある国でも、人種によって偏見の目で見られる。

・ミス・ユニバースの日本代表になった宮本エリアナさんが良い例だね。日本で生まれ育ったのに、見た目が日本人っぽくないから、日本の社会に受け入れてもらえない。

・たしかに完全に受け入れてもらえないなら国籍を変えようとは思わないな。

・僕も日本の文化が大好きで、日本に住みたいと思うけど、アメリカの国籍を捨てようとは思わない。アメリカ人であることは大事なアイデンティティだから。

・日本には旅行で行ったことがあるけど、みんなとても親切な人達だった。

・イギリスも日本と同じだよ。イギリスで産まれた二世でも、やっぱり外国人として見られる。

・日本に行ったとき、ゲストハウスに泊まったんだけど、そこで日本に7年も住んでるアメリカ人の人に出会った。その人は日本語も流暢で、本当に日本人みたいだった。彼を知ってる人は彼を日本人として接してたよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク