シェアする

安倍首相が国連の女性差別撤廃委員会の「皇室典範見直し要求」を非難…海外の反応

国連の女性差別撤廃委員会が2016年3月7日に発表した最終見解で、慰安婦問題、夫婦同姓などに関して日本を批判する内容がありましたが、その最終案に男系男子のみが皇位を継承できることを定めた皇室典範が女性差別だとして、見直しを求める内容が盛り込まれていたことが話題になりました。

 国連委側は、先週末に日本政府に原案を提示。2月に行われた日本に対する審査会合では、皇室典範は議題になっていなかったことから、日本側は手続き上問題があるとして削除を要求。最終的には「見解」に皇室典範に関する記述は盛り込まれなかった。

http://www.j-cast.com/2016/03/09260807.html

この問題について、2016年3月14日の参院予算委員会でも取り上げられ、安倍首相は国連の女性差別撤廃委員会を非難。

 安倍晋三首相は14日午前の参院予算委員会で、国連女子差別撤廃委員会が日本に関する最終見解を巡り、皇室典範は女性差別にあたるとの記述を一時検討したことを批判した。男系男子の皇位継承を定めた部分の見直しを求めようとしていたもので、首相は「女子差別が目的でないのは明らかだ。全く適当ではない」と語った。

首相は皇室制度を「国の歴史や伝統を背景に、国民の支持を得て今日に至っている」と説明。「今回のような事案が二度と発生しないように、女子差別撤廃委員会をはじめとする国連及び各種委員会にあらゆる機会をとらえて働きかけていきたい」と強調した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H0J_U6A310C1EAF000/

皇室へのソボクなギモン

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・国連は馬鹿なのかな。

・国連には何も関係ないはずだろ。

・肝心なときに役に立たないくせに、余計なところには口を出すのが国連。

・イスラム教の国は女性を動物のように扱ってるのに、国連は何も言わないよな。

・余計なことに干渉したがる国連はもっと非難されるべき。

・日本もアメリカみたいに、国連の言うことなんて無視すればいいんだよ。

・これも潘基文が関わってるのかな。

・国連の女性差別撤廃委員会には潘基文は関わってないよ。日本人の林陽子って弁護士が委員長を務めてるはず。

林 陽子(はやし ようこ)は、日本の弁護士、フェミニスト。女性にかかわる問題に長年取り組んでおり、2008年1月からは国連女子差別撤廃委員会の委員に就任している。2015年2月より同委員会委員長。

林陽子 – Wikipedia

・国連の事務総長がずっと男性なのは差別じゃないのか?

・国連は全世界をアメリカナイズしようとしてるんだよ。

・ヨーロッパの国に比べたら、日本は歴史上、たくさんの女性の指導者がいたはずなんだよ。女性を差別してる国はアジアやアフリカにもっとたくさんある。なんで日本だけに変更を求めるんだ?

・数は少ないけど、女性の天皇もいたんだよ。明治以降は禁じられてるけどね。

・他の国の伝統や信仰に干渉するよりも、国連はもっと平和のことを考えた方がいいよ。南シナ海での領海問題とか。

・女性のローマ法王がいないことや、イスラム教の国に女性指導者がいないことに関してはどうなんだ?

出典:Facebook

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク