シェアする

三船敏郎は『スター・ウォーズ』のオビ=ワン・ケノービとダース・ベイダーのオファーを受けていた…海外の反応

シリーズ最新作の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開も迫り、世界中が『スター・ウォーズ』一色に染まりつつありますが、最も有名な日本人の俳優である三船敏郎さんが『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクター、オビ=ワン・ケノービ役やダース・ベイダー役のオファーを受けていたということが話題になっています。

アップル共同創業者の一人であるスティーヴ・ウォズニアックが「Tokyo Comic Con(東京コミコン)」の開催を発表した記者会見の場に三船美佳さんがゲストとして登場。父である三船敏郎さんは昔、『スター・ウォーズ』のオビ=ワン・ケノービ役としての出演をオファーされていたことを語りました。当時のSF映画は今のように技術も進んでいなかったこともあり、子供向けの安っぽいものだと思われていたそうです。そのことに三船敏郎さんは、自分が出演すれば日本のサムライのイメージを安っぽくすることになるだろうと思い、オビ=ワン・ケノービ役を断ったとのこと。その後、三船さんの顔が見えなくなるダース・ベイダー役も打診されましたが、最終的にはそれも断ったそうです。

スター・ウォーズ

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・三船敏郎って誰?

・日本の伝説的な俳優だよ。よく黒澤明監督と一緒に仕事をしてた。ジョージ・ルーカスに大きな影響を与えた人だよ。

・『荒野の用心棒』は黒澤明監督の『用心棒』のリメイクで、三船敏郎の役をクリント・イーストウッドがやった。

・僕の中では『隠し砦の三悪人』は『スター・ウォーズ』の前日譚だからな。

隠し砦の三悪人

・アレック・ギネスのオビ=ワン・ケノービも好きだったけど、三船敏郎だったらあのキャラクターも全く違うものになってただろうな。

・たしかにオビ=ワン・ケノービって名前は日本語っぽいからね。

・『スター・ウォーズ』の世界で、アジア人のキャラクターで主要人物っていたっけ?

・なんで『スター・ウォーズ』のオファーは断って『1941』は受けたんだよ。

1941

・三船敏郎とアレック・ギネスは顔の作りが似てる気がする。

・三船敏郎がオビ=ワン・ケノービだったら。

View post on imgur.com

・もし三船敏郎がオビ=ワン・ケノービを演じてたら、エピソード1~3でユアン・マクレガーが演じてた若いオビ=ワン・ケノービは誰になってたんだろう?

・CGのブルース・リーとか。

・キアヌ・リーブスじゃね。

・浅野忠信かな。それくらいしか英語を喋れる日本人の役者を思いつかない。

・ハリウッドで成功してるのは渡辺謙とか。

・真田広之かな。

・オビ=ワン・ケノービは三船敏郎より志村喬の方が合ってる気がする。

志村喬

・ダース・ベイダーのヘルメットはサムライの兜に似てるよね。

・三船敏郎がダース・ベイダーだったら、ダース・ベイダーのあの特徴的な声は違うものになってたのかな。

・ダース・ベイダーとルーク・スカイウォーカーの対決はどうなってただろうな。

・もしそうなってたら『スター・ウォーズ』にもっとアジア人のキャラクターが出てきてたかもね。

・『スター・ウォーズ』に影響を与えたものを考えれば、この情報は正しいことがわかる。

・日本の時代劇が『スター・ウォーズ』に影響を与えてるってことを知らない奴ってけっこういるんだな。

・でも三船敏郎がオビ=ワン・ケノービだったら、たぶん彼の声は後から英語で吹き替えされてただろう。

・三船敏郎も好きだけど、あの役はアレック・ギネスで良かったと思う。

出典:RedditKotaku

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク