シェアする

『TIGER & BUNNY』がハリウッドで実写映画化!製作総指揮はロン・ハワード…海外の反応

アメリカはニューヨークで開催されているオタク文化の大イベント、「ニューヨーク・コミコン2015」で日本のアニメ作品『TIGER & BUNNY』がハリウッドで実写化されることが発表されました。製作総指揮を務めるのは『ダ・ヴィンチ・コード』『ビューティフル・マインド』『アポロ13』を手掛けたロン・ハワード。ロン・ハワードのコメントは以下。

本作の提案を受けたとき、即座にコンセプトに惹かれました。斬新で、日本でも大きな成功を収めた作品であり、これほどユニークで力強い要素が多く盛り込まれた素晴らしいバディ作品は見たことがありません。タイガーとバーナビーの人物像は非常に奥が深くダイナミックで、心理的に複雑に絡み合った関係性を持っています。彼らを全世界の映画ファンに知ってもらうことに一役買えることを光栄に思います。

http://natalie.mu/eiga/news/162527

個性豊かな特殊能力者「NEXT」がヒーローとして平和を守っている近未来的な街を舞台に、落ち目のベテランヒーロー・ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹と、生意気なスーパールーキー・バーナビー・ブルックスJr.のコンビが、他のヒーロー達と共に活躍する様を描いた「バディもの」のアニメ作品。作中におけるヒーロー達は、全てスポンサーの援助を受けてヒーローとして活躍しているという設定に基づき、放送以前から実際に各企業向けにヒーロー達のスポンサーを募集するという商業展開が行われている。

TIGER & BUNNY – Wikipedia

TIGER & BUNNY

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・ロン・ハワードって『ダ・ヴィンチ・コード』とか『ビューティフル・マインド』の監督だろ?

ビューティフル・マインド

・『TIGER & BUNNY』が欧米でも人気があるのは知ってたけど、まさかハリウッドで実写映画化されるとは思わなかった。

・僕は『TIGER & BUNNY』の大ファンなんだけど、実写映画になると聞いたときは『進撃の巨人』みたいになるのかと思ってショックだったけど、ロン・ハワードの「Imagine Entertainment」はアメリカの大きなスタジオだから予算も豊富にあるはず。日本のアニメの実写映画では『エヴァンゲリオン』が先かと思ってたけど、まさか『TIGER & BUNNY』だったとは。

・実写版の予告編もあるのかと思ったけど、まだなのか。

・予告編を見るまでは何とも言えないな。

・まだ企画段階だからな。脚本も監督も決まってない。でも進んではいるみたい。

・これは絶対に成功するよ。舞台設定もキャラクターのほとんども日本じゃないし、スーパーヒーローものは今ものすごく人気があるからね。

・ハリウッドが日本のアニメや漫画に興味を持ってるのは素晴らしいことだね。ロン・ハワードが『TIGER & BUNNY』を見たってことだけでも凄いことだよ。

・ハリウッドが実写映画化しやすい作品だからね。舞台設定は未来のニューヨークのようだし、キャラクターはほとんどアメリカ人。昔ながらのアメリカのヒーローものみたいだよ。

・スーパーヒーローのストーリーで、しかもキャラクターの人種も多様だからハリウッドに最適だな。

・手放しでは喜べない。ハリウッドがアニメ作品を実写映画化するときって、より広い市場を狙って設定を変えることがよくある。それが『TIGER & BUNNY』の魅力を壊すことにもなりかねない。

・たしかに『TIGER & BUNNY』は西洋的な舞台のスーパーヒーローものだから実写映画化しやすいだろう。でも今までにアニメを実写映画化して成功したことってあったか?『逆転裁判』の映画は悪くなかったけど、あれはアニメじゃない。『TIGER & BUNNY』は実写化するよりもアニメの第2期を作ってほしいな。

出典:Ron Howard to produce live action Tiger & Bunny film – NYCC Announcement

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク