シェアする

台湾の総統選で蔡英文氏が圧勝、議会選でも民主進歩党が過半数…海外の反応

台湾の総統選挙、および立法院選挙が2016年1月16日に行われ、民主進歩党の蔡英文氏が圧勝、史上初の女性総統が誕生することになりました。民主進歩党は立法院選挙でも初めて単独で過半数の議席を獲得し、中国国民党に代わって第一党になりました。

対日関係について「日本と友好的関係、協力的関係を維持することは、最も良い政策的な選択肢だ」と述べた。さらに、かつて日本語を3年間勉強したこと(ただし、本人いわく「あまり上手ではない外国語」)、よく日本を観光で訪問したことなどを明かした。日本統治時代については「日本人には誤りもあったが、台湾に対する貢献もあった」と評価。尖閣諸島(釣魚台)問題については「台湾の領土」との立場を強調しつつ、経済利益は双方が共同で享受することを提唱している。

蔡英文 – Wikipedia

台湾はなぜ親日なのか

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・蔡英文氏に投票してよかった。

・本当に嬉しい。

・中国国民党の独占的政治がやっと終わったのか。

・民主進歩党も2000年から2008年に政権をとってたんだよ。

・これで中国との関係がどうなるのか、楽しみだな。

・歴史が変わるのを見られるのは嬉しいね。

・僕は中国人だけど、これには素直に台湾をお祝いしたい。

中国バブル崩壊

・選挙には勝ったけど、これからどれだけ政策を実現できるんだろうな。

・中国人のルームメイトが、これで中国は台湾を潰さなければいけなくなった、と言っていた。

・これで中国と台湾の関係はどう変わっていくんだろう?蔡英文氏は中国と台湾の関係を壊そうとしてるんだろうか?

・蔡氏は現状維持を望んでいるよ。

・いや、蔡氏は独立支持派だよ。

・メルケル首相のようにならなければいいね。

・すごく頭が良さそうな人だよね。

・私は台湾人の女性で同性愛者なんだけど、同性愛者の権利を支持している蔡氏が総統になって嬉しい。

同性愛及び同性婚に対して賛成の立場をとっている。2015年8月20日の台湾でのバレンタインデーにあたる七夕に、「祝全天下所有的情人,七夕情人節快樂!」(全国全ての恋人に、七夕恋人の日おめでとう!)の題名で3組の同性愛者を含むビデオクリップを公式サイトに掲載。同年10月31日に台北市内同性愛者など性的少数者(LGBT)のパレードが開かれ、フェイスブックで「愛の前では全ての人が平等」とコメントして同性婚への支持を表明した。

蔡英文 – Wikipedia

・韓国の女性大統領よりは良さそうだね。

・蔡英文氏には朴槿恵大統領と同じ道を歩んでほしくないね。朴槿恵はサムスンだけをサポートしてる新自由主義者だ。

・中国にとってはまた悩みの種が増えたな。

・ブラジル人として言わせてもらうが、台湾は後悔することになるよ。

ジルマ・ヴァナ・ルセフ(葡: Dilma Vana Rousseff、1947年12月14日 – )は、ブラジルのエコノミスト及び政治家。現在、同国第36代大統領(2011年 – )。ブラジル史上初めての女性大統領。

ジルマ・ルセフ – Wikipedia

・この流れでいくと、ヒラリー・クリントンが次の大統領かな。

出典:Tsai Ing-wen elected Taiwan’s first female president

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク