シェアする

海外「日本に『真剣な』テレビ番組ってあるの?」

日本のアニメや漫画、映画などの作品は海外にも翻訳されて輸出され、その情報も多く、海外のファンもたくさんいるようですが、テレビ番組が輸出されることはあまりありません。それでも『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』は海外でも人気なようですし、『風雲たけし城』も有名です。「日本に『真剣な』テレビ番組ってあるの?」というスレッドをまとめました。

・日本のおかしなテレビ番組はよく話題になるけど、日本の映画は素晴らしい作品が多いんだから、そういうテレビ番組もあるじゃないの?『ブレイキング・バッド』や『True Detective』みたいな。

・あるわけないだろ。ワン・ダイレクションやジャスティン・ビーバーが『ブレイキング・バッド』に出てるところを想像してみろよ。演技は出来ないけど、見た目はかわいい。日本ってのはそういう国だよ。

ブレイキング・バッド

・日本では常に大河ドラマが放送されてるよ。HBOの『John Adams』みたいなやつ。

・日本のテレビドラマのことが言いたいのか?日本にも12話、13話くらいで構成されてる40分くらいのドラマがあって、人気があるものは2作目、3作目と続いてる。僕も長い間ドラマは見てるけど、大体どれも同じようなテーマなんだよね。仕事、医療、学校、家族、恋愛、友情、警察、それをいくつか組み合わせたもの。『ブレイキング・バッド』や『ゲーム・オブ・スローンズ』レベルの作品は日本にはないね。

・「歴史もの」を忘れてるぞ。戦国時代とか明治時代とかの、過剰に恋愛要素を詰め込んでるやつ。

ゲーム・オブ・スローンズ

スポンサーリンク

・どれだけ真剣なドラマでも役者の演技が酷いんだよ。メインの役だけじゃなくて脇役も全部。少し前にビートたけしが出演してるドラマで、50年代に起きた、アメリカ人の神父が日本人女性を殺害した事件を基にしたドラマがあったんだけど、ストーリーはいいのに演技があまりよくないんだ。

・なんかオーバーな演技を教えてる学校でもあるみたいだよな。

・日本人の演技って全部オーバーだよな。歌舞伎とか。日本人ってそういう演技が好きなんじゃないの?

・日本の映画の予告編って全部誰かが怒ったり泣いたり笑ってるシーンばっかりだよな。

・『暴れん坊将軍』がいいよ。いつも義理の祖父と一緒に見てる。

・日本にも面白いドラマはあるよ。西洋のドラマとは少し形式が違うけど。日本のテレビ局って常に新しい番組を作らなきゃいけないから、質より量になっちゃうんだよね。3ヶ月ごとに10話から12話の新しいドラマを作らなきゃいけない。本当に人気があったものしか続編は作られない。『ブレイキング・バッド』や『True Detective』みたいなレベルのドラマはないかな。

・『テラスハウス』だな。

・『女王の教室』『半沢直樹』『リーガル・ハイ』『あすなろ白書』『ひとつ屋根の下』とか。

あすなろ白書

・NHKの朝ドラはけっこういいよ。『あまちゃん』とか。「真剣な」ドラマかどうかはわからないけど、演技のレベルとか、セットのデザインとか、衣装とかは日本のドラマの中では最高レベルじゃないかな。

・『あまちゃん』は俺も好き。『Mother』とか『家政婦のミタ』とか『明日、ママがいない』とかオススメ。

・日本にはHBOとかFoxとかShowtimeのようなレベルのテレビ局がないんだよ。だからドラマも安っぽいんだ。役者のレベルも西洋に比べると低い。一度ドラマや映画に出てだけで、自分は実力があると勘違いする役者が多いんだよ。むしろアニメの方が良質なドラマは多い。役者を顔で選ばないから。

・ここで日本のテレビの批評を読めるよ。

http://hamsapsukebe.blogspot.co.uk

・『昼顔』がオススメだよ。

・『外事警察』はかなり真面目だぞ。

・『不毛地帯』もかなりいい。

出典:“Serious” japanese tv shows?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク