シェアする

安倍首相、「自衛隊による在外邦人救出」法整備に意欲…海外の反応

イスラム国に拘束されていたジャーナリストの後藤健二さんが殺害された事件を受けて、「自衛隊による在外邦人救出」法整備が必要かどうか、安倍首相の対応に注目が集まっています。

安倍晋三首相は2日の参議院予算委員会で、過激派組織「イスラム国」とみられるグループに日本人2人が殺害された事件について、法によって裁く意向を明らかにした。また、日本人の生命を守るのは政府の責任だとして、自衛隊による在外邦人の救出を可能にする議論を進めていく考えを改めて示した。

<日本人殺害、痛恨の極み>

後藤健二さんとみられる男性の殺害映像が公開されてから一夜明けた2日、参議院予算委員会で答弁に立った安倍首相は、人質解放に向け、ヨルダンをはじめとした関係各国と緊密に連携したことを強調。「詳細はつまびらかにできない」とする一方、「最大限の協力をもらう確約を得た」と語った。その上で、「結果として2人の日本人の命が奪われたのは無念だ、痛恨の極み」と語った。

さらに安倍首相は、「国民の命、安全を守るのは政府の責任。その最高責任者は私」と発言。1月下旬に事件が発生して以降、自衛隊による在外邦人の救出に向けた法整備に意欲を示してきたが、この日も「邦人が危険な状況に陥ったときに、受け入れ国の了承の(ある)なかで、救出も可能にする議論をこれから行いたい」と語った。

http://jp.reuters.com/article/jp_mideast/idJPKBN0L602K20150202

スポンサーリンク

以下、海外の反応。翻訳元:Abe wants SDF to be allowed to rescue Japanese citizens in danger

・これ以上奴らを刺激しない方がいいと思うが。

・この件に関してはあまり深入りしない方がいいと思う。日本国内でテロが起きない限りはね。

・攻撃されるのを待つ必要はない。イスラム国は実際に日本人を殺したし、他にも日本人を抹殺すると宣言してる。これ以上自国民が非道な形で殺されるのを許してはいけないよ。

・安倍首相は正しいと思う。日本も対イスラム国の戦いに参加するべき。

・邦人の救助に自衛隊を派遣するのは当然、というか今の国際情勢の中では必要なことだよ。

・攻撃されるまで待つ必要はないけど、今は中東に足を踏み入れない方がいい。

・でも日本にはDEVGRUみたいな特殊部隊はないんだろ?

DEVGRU(Development Group(正式名称はUnited States Naval Special Warfare Development Group) デブグル又はデブグルー、海軍特殊戦開発グループ)は、アメリカ海軍の特殊部隊であるNavy SEALsから独立した同軍の対テロリスト特殊部隊である。

DEVGRU – Wikipedia

・日本の自衛隊にも特殊部隊ってあるの?

・あるよ。札幌の雪まつりで雪像を作ってる。

・たしかに後藤健二さんが殺されたのはショックだったけど、日本はこれ以上馬鹿なことをするべきじゃない。

・ようやく日本も重い腰を上げて戦争に参加するのか。

・日本もフランスみたいに外国人部隊を作ればいいんじゃない?もしくはイギリスの特殊空挺部隊、アメリカのグリーンベレーみたいな軍隊。イスラム国も外国人の志願兵を受け入れている。

フランス外人部隊の構成員は、将校は基本的に全員フランス国籍を有する者で、フランス軍の陸軍士官学校や正規軍下士官からの将校任官を経て外人部隊に配属されたものであり、下士官以下は基本的に外国人志願者で、第1外人連隊において募集、採用される。よって、将校は完全にフランス正規軍の採用枠で入隊し、下士官以下とはまったく別物であるが、能力と実績があれば、外国人志願者が兵卒から叩き上げて将校となることも可能であり、外人部隊において、そのような経歴の将校は約10%を占める。

フランス外人部隊 – Wikipedia

現在の各国に置かれている特殊部隊の手本となった。オーストラリアなどイギリス連邦諸国には、合同訓練を実施した上で、名称まで同じSASとした特殊部隊がいくつか存在している。「特殊空挺部隊」と訳されるが、現在の部課は空挺・海挺・偵察・山岳に分かれており、破壊工作や敵陣付近での軍用車による偵察活動だけでなく、イギリス国王など国内外の要人の警護、テロ行為に対する治安維持活動(北アイルランド)、および、人身および捕虜の救出作戦の実行など、幅広い分野で活躍している。

特殊空挺部隊 – Wikipedia

アメリカ陸軍所属の特殊部隊であり、主に対ゲリラ戦を行う。「陸軍の歩兵200人に相当する戦力を、グリーンベレーの隊員一人が保有している」とされる。この表現は、優れた戦闘技能に加えて、彼等の作戦が《敵国内の反乱分子に、戦闘教育を行い、自国の戦力として育成、作戦を実施すること》を目的としているためでもある。また、海外での活動を視野に入れているため、高度な語学教育を受けることでも知られている。

アメリカ陸軍特殊部隊群 – Wikipedia

・日本の自衛隊が中東で救助活動するのはなかなか難しいよ。アメリカですら失敗してる。日本には憲法9条があるから戦争もできない。

・日本が自衛隊を派遣しても後藤健二さんみたいに人質にとられるだけだよ。

・やっぱり安倍首相は後藤さんの悲劇を自身の政策に利用したか。後藤さんも湯川さんも警告を無視して自己責任で行ったのに、わざわざ自衛隊を派遣して助ける必要はないだろ。あの二人は他国に侵入したんだよ。

・アメリカの特殊部隊として日本の自衛隊の訓練を見たことがあるけど、日本の自衛隊にはこういう事態に対応する能力はない。装備はあっても訓練ができてない。

・シリアへの渡航を完全に禁止してしまう方が簡単だと思うよ。

・日本が今回の件で学ぶべきなのは、国際情勢の中で中立的でいることがテロから身を守ることにはならないってことだ。

・イスラム国は誰が作ったのか、イスラム国に金を出してるのは誰なのか、それが一番の問題だよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク