シェアする

海外「何が問題なんだ?」都庁前広場で男性教師が生徒を20分間、正座をさせる…海外の反応

2015年5月、東京都立府中工業高校の男性教諭(35)が東京観光の校外学習で、集合時間に遅れた生徒96人を都庁前広場で正座させ、教育委員会が男性教諭の処分を検討していることがわかりました。同校の2年生156人が5~6人の班に分かれて東京都内を回る校外学習で、途中にチェックポイントを設け、教員が遅刻がないかを確認。男性教諭は生徒らが解散場所の都庁前広場に集合した際、遅刻があった班の96人に、遅刻についての指導を行う間、約20分間、タイル貼りの地面に正座をさせたとのこと。

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・たった20分だろ?何が問題なんだ?

・日本の高校生をたった20分間正座させることが苦痛になるとは思えないな。きっと報道されてない他の何かがあったんだろう。

・正座させることはたしかに体罰になるよ。たとえそれが苦痛でなくとも、法律には反する。

・正座は体罰にはならないよ。

・日本の刑務所では独居房に入ると罰として正座をしておかなければいけないんだよ。

・この教師に謝罪として生徒の前で20分正座させればいいんじゃないの?

・この教師は何も間違ってないよ。

・なんで96人もの生徒が遅刻したんだ?

・最近では教師は生徒に嫌われると懲戒処分になってしまうからな。仕事を続けるためには生徒の機嫌を取り続けないければいけない。

・20分くらい正座することは苦痛でも何でもないだろ。僕が京都に住んでた時、ある職人さんに会ったんだけど、その人は仕事中、ずっと正座をしていたよ。でも全然つらそうには見えなかった。

・この先生は正しいよ。最近の子供達は他人を敬うことをしないし、礼儀やマナーを知らずに育つからね。

・文部科学省の通知に正座は体罰だとハッキリと書いてあるからな。

教員等は、児童生徒への指導に当たり、いかなる場合においても、身体に対する侵害(殴る、蹴る等)、肉体的苦痛を与える懲戒(正座・直立等特定の姿勢を長時間保持させる等)である体罰を行ってはならない。

問題行動を起こす児童生徒に対する指導について

・最近の日本の高校生を見る限りではこのくらいの指導は必要だと思う。

・都庁の前で20分も正座したくなければ遅刻はするなってことだ。良い教訓じゃないか。

・教師の指導に応えて素直に正座する生徒は素晴らしい。

・虐待を容認するコメントが多くて驚いた。

・私が妊娠30週くらいのときに1時間くらい正座したことあるけど、脚がシビれたくらいで大したことなかった。20分くらいで苦痛にはならないよ。

・最近は何をしてもクレームになるんだよな。

・この人は素晴らしい教師だと思う。

・ナイジェリアの学校はもっと厳しいよ。

・たった20分で済んで良かったじゃないか。遅刻する奴にはこれくらいの罰は必要だよ。

・インドの学校ではこれくらいの指導は普通だよ。

・アメリカの学校もこれくらい厳しくするべき。

出典:JapanTodayFacebook

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク