シェアする

日本人にとって一番大事な祝日はお正月らしい…海外の反応

日本人にとって一番大事な祝日はお正月…ところが海外、特にキリスト教徒にとってはクリスマスや感謝祭が最も重要な祝日のようです。

スポンサーリンク

・スペインで一番大事な祝日は1月6日の公現祭だよ。でも一番盛り上がるのは新年の宝くじだけど。本当に買わない人はいない、ってくらいみんな買ってる。

・猫に鏡餅を乗せてるのが面白すぎる。

・アニメだとお正月に着物を着る人が多いんだよね。

・お餅を見ると『たまこまーけっと』を思い出す。アニメや漫画を見てると日本でもクリスマスが一番大事な祝日のような気がしてたけど、違ったんだね。

たまこまーけっと

・アメリカでは元日は全然盛り上がらないよ。クリスマスは楽しいけど。

・カナダもそうなんだけど、クリスマスが一年で一番重要な日、っていう場所が多いんじゃないかな。僕が一番好きなのは春節だけど。

春節(しゅんせつ)とは旧暦の正月である。中華圏で最も重要とされる祝祭日であり、新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国や台湾のみならずシンガポールなどの中華圏国家では数日間の祝日が設定されている。

春節 – Wikipedia

・イランでも新年が一番大事な祝日だよ。家族が集まって、パーティーをしたり、食事をしたり、プレゼントを贈ったりしてる。

・モロッコで一番大事な祝日はイード・アル=アドハーだな。ひつじを生贄として捧げて、その四分の一を貧しい人に施すんだ。

イブラーヒーム(アブラハム)が進んで息子のイスマーイール(イシュマエル)をアッラーフへの犠牲として捧げた事を世界的に記念する日。ムスリムのラマダーン明けのイード(祝祭)の1つである、イード・アル=フィトルと同様に、イード・アル=アドハーは短い説教をともなう祈祷(フトゥバ)から始まる。イード・アル=フィトルより長期間にわたるため、大イードなどとも呼ばれる。また、日本では犠牲祭と意訳される。

イード・アル=アドハー – Wikipedia

・北アイルランドではクリスマスが一番、聖パトリックの祝日が二番目に大きい祝日だね。

・イギリスだとクリスマスが一番大事な祝日だけど、一番盛り上がるイベントはイギリス王室の結婚式だな。

・ノルウェーでは一番長い休みはクリスマスだけど、一番みんなでお祝いをするのは5月17日の憲法記念日だよ。

・グアムで一番大事な日は解放記念日だな。7月21日、アメリカがグアムを日本から解放した日だよ。

・アメリカでもクリスマスが一番だけど、私は母方の家系がユダヤ教だからハヌカーも祝うよ。

ユダヤ教の年中行事の一つで、マカバイ戦争(紀元前168年 – 紀元前141年)時のエルサレム神殿の奪回を記念する。アンティオコス4世エピファネスと異教徒によって汚された神殿の清めの祭りである。キスレーウ(ユダヤ暦の第9月)の25日から8日間祝う。宮清めの祭り、奉献の祭り(Feast of Dedication)、光の祭り(Festival of Lights)とも呼ばれる。

ハヌカー – Wikipedia

・「ガキの使い」の笑ってはいけないシリーズは大好き。

・一度でいいからお正月に日本に行ってみたい。

金髪美女と結婚できた理由―出会いは無限大!ステキな外国人に恋したら、英語がペラペラになりました。下半身で覚えるビジネス英会話-下ネタは世界の共通語!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク