シェアする

日本のアニメとアメリカのアニメーションの一番大きな違いって何?…海外の反応

What are the main differences between American and Japanese animation?

・日本のアニメは目が大きいとか、作画スタイル、アートスタイルの違い以外になんかある?

・ベトナムの下請けに外注するか、韓国の下請けに外注するかの違いだろ。

・『俺、ツインテールになります。』のプロダクションアイムズは韓国に外注してたな。

俺、ツインテールになります。

・『俺、ツインテールになります。』はヒドすぎたな。

・『DARKER THAN BLACK』は日本、韓国、ベトナムのアニメスタジオが全部クレジットされてた。

スポンサーリンク

・下地になってる文化が違う。日本にしかない表現やイベントは他の言語には翻訳できないんだよ。日本のアニメにしか出てこないキャラクターもたくさんある。作画スタイルの違いはそんなに問題じゃない。

・僕はアメリカ人だけど、日本のアニメや漫画って子供向け以上のものになってるよね。すごく真剣なテーマを取り扱ってる。

・西洋のアニメーションは子供向けで、ストーリーやテーマが浅い。日本のアニメは『ナルト』みたいなアニメでもテーマがすごく重い。西洋のアニメーションで子供向け以外のものは全部コメディ。

・『アバター 伝説の少年アン』とか『アドベンチャー・タイム』はけっこう真剣なテーマだぞ。

アドベンチャー・タイム

・ストーリーの違いだろ。アメリカのアニメーションは一話完結だからな。

・これだな。アメリカのアニメーションはどの回を見てもそれだけで楽しめる。

・日本のアニメでも『蟲師』みたいなのは一話完結だぞ。

・フレームレートの高さで勝負するか、繊細な表現で勝負するかの違い。

・アメリカのアニメーションは滑らかなんだけど、表現が粗い。

・一番大きい違いは戦闘シーンだな。アメリカのアニメーションの格闘シーンは下手くそなんだよ。『RWBY』は上手いけど。

・『アバター 伝説の少年アン』の戦闘シーンも悪くないぞ。

RWBY

・日本のアニメはストーリーがあるけど、アメリカのアニメーションは一話完結。たぶん日本のアニメは漫画を原作に作られることが多いからだろうけど。もちろん例外もある。『アバター 伝説の少年アン』はストーリーがあるし、『ドラえもん』は一話完結。

・感情を表現するときにアメリカのアニメーションは口にクローズアップするけど、日本のアニメは目にクローズアップする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク