シェアする

1926年に日本で発行された「世界一周すごろく」が面白すぎる…海外の反応

1926年発行の「大阪毎日新聞附録」「家庭教育・世界一周すごろく」の画像です。

Around the World board game (Katei Kyoiku Sekai Isshu Sugoroku) Japan, 1926.

家庭教育・世界一周すごろく

スポンサーリンク

・ソースはプリンストン大学図書館

高画質版

・横向きになってるとわかるのにだいぶ時間かかったわ。

・画像を90度倒すとわかりやすい。

・マジで一つも理解できないんだが。

・一番上にあるのがアメリカか。

・自由の女神とワシントン記念塔を見て、やっとアメリカが上にあるってわかった。

・フィンランドに描かれているオッサンは何なんだよ。

・20世紀初頭にはフィンランドはオリンピックの強豪国だったんだよ。1924年のパリ五輪では世界2位だった。

・なんかヨーロッパ中心主義っぽい地図だな。

・思った以上に日本ってヨーロッパというか西洋に憧れてたんだな。

・イギリスがオーストラリアよりデカイのか。

・ボルネオ島あたりに食人族みたいなのがいる。

拡大したのを見つけた。

南洋の食人種

・怖すぎるわ。

・19世紀くらいのアフリカとかアジアのイメージはこんなだったんだな。

・タージ・マハルを頭に乗せてるキリストがなんかいいね。

・日本では地図の上が北を指す、ってルールはないのか?

・昔の地図では東が上だったんだよ。

・これって何なんだ?

ウィーン市庁舎

・たぶんウィーン市庁舎だな。

・ところでどうやって遊ぶんだろう。

世界一周ホモのたび

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク