シェアする

中国「アメリカが『一つの中国』政策を壊せば、世界の平和にとって打撃」…海外の反応

アメリカの次期大統領に当選したドナルド・トランプ氏が、アメリカ政府が1979年より続けてきた「一つの中国」政策を堅持する必要がないとの見識を2016年12月11日に発表。それに対して中国側は「世界の平和にとって打撃となる」として強く反発しています。

中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室は14日、「一つの中国」原則に対するいかなる干渉や毀損(きそん)も台湾海峡における平和や安定に深刻な打撃をもたらすと警告した。

http://jp.reuters.com/article/usa-trump-china-taiwan-idJPKBN1430AN

一つの中国(ひとつのちゅうごく、繁体字中国語:一個中國、簡体字:一个中国)とは、中国大陸、マカオ、香港、台湾は不可分の中華民族の国家「中国」でなければならないとする核心的利益およびそれに基づく政策的立場。特に中華人民共和国政府が全中国を代表する唯一の合法的政府であるとの意味合いで主張されることが多い。また国際社会では中華民国を承認する国が少ないため、中華民国を承認していない国においては、「一つの中国」の「中国」とは中華人民共和国と解釈される傾向が強い。

一つの中国 – Wikipedia

中国・香港・台湾

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・今度はアメリカ中国の冷戦が始まるのかな。

・わりとわかりやすく脅してきたな。

・誰も中国を止めようとしないからだな。

・またいつものハッタリだろう。

・アメリカの政策はアメリカが決めること。中国が決めることではない。

・でもそのアメリカの大統領を決めたのはロシアのプーチンだがな。

アメリカ中央情報局(CIA)は、アメリカ大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏が勝利するように、ロシアがサイバー攻撃を仕掛けたという分析結果をまとめた。ワシントンポストが12月9日に報じた。

大統領選期間中に民主党全国委員会(DNC)や民主党候補ヒラリー・クリントン氏の選挙陣営が不利になるような情報がハッキングされ、再三にわたって内部告発サイト「ウィキリークス」を通じてメールが暴露された。情報筋は、この暴露は、アメリカ人の政府に対する信頼を失わせる意図でロシア側が仕掛けたものだと指摘してきた。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/10/trump-russia-cia_n_13555526.html

プーチンのすべて

・台湾人としては現状維持を望んでいるんだけどな。中国が台湾の独立を認めるわけないんだから。

・中国は世界の人々には台湾が中国の一部だと思っていてほしいのかな?それとも台湾を強奪したいのか?

・台湾を攻めて中国の一部にすることは不可能だろうね。世界中を敵に回すことになるからね。

・でも中国は領海をどんどん侵犯しているよ。日本やフィリピンや韓国の領海をね。でも国際社会は何も言わない。

・中国も直接対決はしたくないはずだよ。21世紀の戦争は代理人による戦争だからね。北朝鮮という西洋社会にとっての悩みの種を作り出して混乱させようとしているんだ。

・でも北朝鮮が崩壊して難民が押し寄せれば中国が困ることになるんじゃないの?

・そうなればまた万里の長城を作って難民を堰き止めるだろうね。

・世界の平和に打撃を与えているのは中国による南シナ海への侵略だろう。

・中国経済は完全にアメリカに頼ってるはずなんだけど。

・この「一つの中国」政策って馬鹿げてるよ。台湾が「台湾は中国の一部ではない」って言ってるんだから、他の国もそう認めるしかないだろう。

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク