シェアする

北朝鮮政府「国民は飢餓に向けて準備しろ」…海外の反応

北朝鮮の朝鮮労働党が発行する機関紙、『労働新聞』が2016年3月28日、「苦難の行軍」に向けて再び準備をしなければならないという内容の社説を掲載しました。

「苦難の行軍」という言葉は1990年代に何百万人という国民が亡くなった飢餓を表す言葉。

北朝鮮が「第2の苦難の進軍」の可能性に言及し、内部結束に乗り出した。また、「食糧節約運動」も全国的に繰り広げているという。以前よりも強力になった国際社会の北朝鮮制裁と史上最大規模で行われる韓米合同軍事演習に対し、北朝鮮がそれだけ強く実質的・心理的圧迫を感じていることの表れと解されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/29/2016032900844.html

大飢餓によって死亡した人数については、北朝鮮当局が発表した約22万人から、350万人に及ぶという推計まであり数値に大きな差が見られる。いずれにしても数十万 – 数百万の人々が餓死し、飢餓に苦しむ人々の中から北朝鮮を逃れる脱北者が相次いだ。

朝鮮民主主義人民共和国の経済史 – Wikipedia

生きるための選択

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・食糧支援をしなければ、韓国を吹き飛ばすぞ、言ってくるのかな。

・すでに飢餓状態なんじゃないの?

・1990年代以降はそうでもない。

・北朝鮮の国民は飢餓には慣れてるよ。そんなの朝飯前だ。

・「超飢餓」みたいな言葉ってあるのかな?なければ作らないといけないようだ。

・『ウォーキング・デッド』の予告みたいなことを言うね。

ウォーキング・デッド

・「飢餓に備える」ってどういうことなんだ?食べなくても生きられるような訓練をするってこと?

・だったらすでにその訓練はやってるはずだろ。

・今のうちに食べて太っておけってことだろ。

・今ある食糧を後のために置いておけってことなんじゃないの?

・リスみたいに、食べて身体の中に貯めておけってことだろ。

・ジャガイモを育てろってことかな?

オデッセイ

・核実験なんかに金を使わずに、国民の食糧のために金を使うべきだったな。

・国民は飢餓に苦しんで、その指導者は糖尿病に苦しんでる。

・飢餓に苦しむ民は反乱を起こすはずだが。

・なかなか反乱が起きないのはなぜだろうな。

・こういうときにはFacebookでどういうキャンペーンを呼びかければいいんだ?

・アイコンを北朝鮮の旗に変えればいいんじゃない?

・アンチのコメントばっかりになったぞ。どうしてくれる。

・そのうち、その飢餓に苦しむ国民自体が消えてなくなるから大丈夫。

・少しは痩せてから言えよ。説得力がないぞ。

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク