シェアする

なでしこジャパン、2対5でアメリカに完敗、ワールドカップ優勝を逃す…海外の反応

なでしこジャパンがアメリカに敗退し、世界一の座を逃した。サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の決勝戦、日本時間の2015年7月6日の午前8時から始まった試合は日本が2-5でアメリカチームに負け、準優勝に終わった。

日本とアメリカの決勝対決は日本が初優勝した2011年のワールドカップ、アメリカが勝った2012年のロンドン・オリンピックに続き、世界大会3回連続。過去の対戦成績は日本の1勝6分け23敗とアメリカが優勢で、今回は2-5と日本が完敗した。

前半、アメリカのカーリ・ロイド選手が開始16分でハットトリックを達成するなど、日本が4失点を許す。27分に大儀見優季がゴールを決め、日本がようやく初得点。33分に澤穂希、39分に菅澤優衣香を投入するも、1-4のまま前半は終了。

後半、7分にアメリカのオウンゴールで日本が2点目をあげる。しかし、直後の後半9分、アメリカのトビン・ヒースが得点をあげ、2-5と再び3点差に。その後も差は縮まらず試合終了。

なでしこジャパン

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・独立記念日の翌日にアメリカとやり合っちゃだめってことだな。

・アメリカ人にとっては最高の週末になったな。

・イギリス人としてはアメリカが勝ってくれてよかった。

・日本はサイドの守備が弱くなったな。

・やっぱりアメリカの女子チームはパワーが全然違うな。ディフェンスもしつこいし、オフェンスもスピードがある。

・カーリ・ロイド選手が凄すぎる。

・こんな劇的な5分はかつてなかった。

・カーリ・ロイドのビーストモードが発動したな。

・カーリ・ロイド選手のわずか16分でのハットトリック達成は男子と女子を合わせてもワールドカップ史上最速、女子ワールドカップの決勝戦では史上初のハットトリックなんだよな。

・もうアメリカの大統領はカーリ・ロイドでいいだろ。

・歴史に残る決勝戦だったな。そしてロイドは伝説へ。

・ワールドカップの決勝戦が3点以上の差で決まるのは1958年以来かな?

・1958年のスウェーデン大会だな。ブラジルが5-2で開催国のスウェーデンに勝った。今回と同じスコアだな。

・ロイドはペレだったのか。

・ロイドが居なければアメリカは負けてたな。

・日本にとってはロイドはゴジラよりも恐ろしい存在になった。

・日本のゴールキーパーがかわいそうだった。

・ブラジルには世界最大の日本人コミュニティがあるんだが、2014年の男子ワールドカップでは1-7でブラジルがドイツにボロ負けしたんだよな。そして今回、2-5で日本がアメリカに完敗。偶然だとは思うが。

・4点も失ってからの日本の巻き返しは凄かった。

・開始15分までだけを見るとアメリカが4-0で勝ってるが、15分から試合終了までだけを見ると2-1で日本が勝ってるんだよな。

出典:United States of America vs. JapanMatch Thread: USA vs Japan – WWC Final

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク