シェアする

日本で和太鼓を作る職人の技が凄すぎる…海外の反応

江戸時代から150年にわたって伝統的な和太鼓を作り続ける、愛知県岡崎市の「三浦太鼓店」を取材した動画。慶応元年から和太鼓を作り続け、六代目である三浦和也さんはパフォーマンス集団、「零~ZERO~」で演奏もされているそうです。

三浦太鼓店

〒444-0072
愛知県岡崎市六供町杉本32-2
TEL:0564-21-2271
FAX:0564-21-2272

定休日:年中無休
営業時間:9:00〜18:00

三浦太鼓店公式ウェブサイト

零~ZERO~公式ウェブサイト

スポンサーリンク

以下、コメント欄のまとめ。

・これは興味深い動画だね。30分くらいあってもいいくらい。

・太鼓の生演奏を聞いてみたくなった。

・日本の文化の中でも太鼓は本当に素晴らしいものだと思う。たしかに太鼓の良さは動画では伝わらないよね。一般的にライブ音楽はベースの音が良く伝わるけど、太鼓って本当に心臓に響いてくる。

・日本の和太鼓はアメリカにあるディズニー・ワールドでしか聞いたことない。日本に行って本物の音を聞いてみたい。

・ロンドンのイベントで日本の太鼓を聞いたけど、本当に素敵だった。

・日本の太鼓の音はアフリカやインドのドラムの音に通じるものがある。

・動画に出てくる女性のドラマーが可愛い!

・この和也さんって人、すごくハンサムで人も良さそう。

・素晴らしい動画だね。太鼓を作る過程を実際に見てみたい。

・日本の太鼓の音は好きだけど、牛や動物の皮を使うのは止めてほしい。

・和太鼓については前から興味があったんだけど、この動画を見て少し理解できた。

・最後に和也さんが言うように、動画によるコミュニケーションには限界があるんだよね。

・音楽にしてもダンスにしても、ライブでしか感じられないものはたしかにあるよね。実際にその場所に行って、違う文化に触れるっていうことはすごく大事。

・何年か前に和太鼓を生で聞くことがあったんだけど、和太鼓のエネルギーって直に見ないと伝わらないよね。

・やっぱり日本の職人ってスゴイ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク