シェアする

三菱マテリアルが元捕虜のアメリカ人兵士に謝罪…海外の反応

第二次世界大戦中、秋田県の鉱山などでアメリカ人の兵士に強制労働をさせていたとして、三菱マテリアルが2015年7月19日、ロサンゼルスで行われるイベントで謝罪する予定であることがわかりました。イベントはサイモン・ウィーゼンタール・センターで開かれ、三菱マテリアルの役員である木村光氏が代表として謝罪をする予定であるとのこと。現在の三菱マテリアル、当時の三菱鉱業は戦争中、旧日本軍の捕虜となったアメリカ兵らおよそ900人に労働を強いていたそうです。

日本政府は旧日本軍の捕虜となったアメリカの元兵士に対して5年前に「心からおわびを申し上げます」と公式に伝えています。
ただ、元捕虜らは日本の企業に対しても謝罪などを求めていて、三菱マテリアルがアメリカの元捕虜に謝罪するのは初めてだということです。
これについて、太平洋戦争中にフィリピンで旧日本軍の捕虜となった元アメリカ兵などで作る団体の代表は「歴史的な機会であり、世界が三菱マテリアルの勇気を称賛することを期待している」としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150715/k10010151731000.html

同センターはホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の記録保存や反ユダヤ主義の監視を行い、国際的影響力を持つ。米ロサンゼルスに本部を置き、エルサレム・ニューヨーク・トロント・マイアミ・シカゴ・パリ・ブエノスアイレスなどで事務所を運営。民間の寄付で運営される非政府組織で、2012年は2億6000万ドルの寄付を受けた。

サイモン・ウィーゼンタール・センター – Wikipedia

日本軍は本当に「残虐」だったのか

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・なんで今さら?宣伝のためかな?

・50年前に謝罪しておくべきだったな。今はもう捕虜になった人はほとんどいない。

・安倍首相も韓国や中国に謝罪するべきだね。

・アメリカも国内のアジア人を強制収容所に拘束したから、それについては申し訳なく思う。

・戦争の捕虜に対して謝罪するなんて、すごくいい人達だね。

・捕虜として拘束して、過酷な環境で強制的に労働をさせ、十分な食料も与えず、暴行を加えた。それが一言謝罪をするだけで済むと思ってるのか?

・日本人はアメリカの軍人を奴隷よりも酷い状況で働かせたんだ。日本製品は買わないようにしようぜ。

・賠償金を払うなら許してやるよ。

・南京大虐殺についても中国に謝罪しろよ。

・ドイツの捕虜になったアメリカ人兵士のうち、亡くなったのは1%だったが、日本の捕虜になったアメリカ人兵士は40%が亡くなった。今さら謝罪しても遅いよ。

・アメリカは日本を責めることはできないよ。日本に戦争をするように仕向けたのはアメリカだ。アメリカとイギリスが中国を植民地にしようとしたとき、日本は西洋諸国からアジアを守ろうとしたんだ。

・戦争の時はアメリカも酷いことをしたんだから、謝罪なんてしなくていいと思うが。

・敵国の兵士を捕虜として働かせるなんてことは人類の歴史の中ではいくらでも行われてきたからね。それをわざわざ謝罪するなんて素晴らしいことだよ。

・アメリカは日系アメリカ人を強制収容所に拘束したことについて謝罪したことはあるんだろうか?

・アメリカは捕虜として強制労働をさせられた白人への謝罪は要求するくせに、黒人奴隷については謝罪しないんだな。

・「こっちも謝るから、お前も謝れよ」ってことなんだろうか。

・僕の父は足尾銅山で捕虜として働かされていた。2009年に93歳で亡くなったけど、生きてたら喜んだだろうな。

・謝罪する必要はない。日本は戦後、アメリカにとって大事な同盟国だった。

・アメリカも日本に二発も原爆を落としたんだ。日本を責めることはできない。

・戦争なんだから酷いことが起きるのは仕方がない。過去のことに謝罪を求めるべきではないよ。

・謝罪なんか必要ないよ。勝つためにやったことだから仕方がない。だからアメリカも謝罪なんてしない。

・素直に素晴らしいことだと思うよ。

出典:70 years on, Japanese firm to apologize to US WWII veterans

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク