シェアする

孫正義がドナルド・トランプと会談、アメリカ企業に5兆7千億円の投資を表明…海外の反応

ソフトバンクグループの孫正義社長が2016年12月6日、アメリカ次期大統領のドナルド・トランプ氏と会談し、今後4年間でアメリカの企業に500億ドル(約5兆7千億円)を投資することを表明。

孫正義社長とドナルド・トランプ氏の会談は孫社長からの提案で実現し、トランプ氏の私邸があるトランプタワーで約45分の会談後に二人で記者団の前に現れ、孫社長がアメリカの企業に500億ドルを投資、5万人の雇用を生み出すことを合意したと発表しました。

孫正義正伝

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・さすがトランプ。仕事が早いな。

・まだ就任前だぞ。

・また勝ってしまった。

・この男の快進撃はとどまるところを知らない。

・魔法の杖か何かを持ってるんじゃねえの?

・やっぱりドナルド・トランプってスゲエわ。神ってる。

・ビジネスに精通している大統領がいるアメリカが羨ましくなってきた。

ドナルド・トランプの世界

・アメリカに5兆7千億円を投資して、5万人の雇用を生み出すってことは、それだけの金と雇用が日本からなくなるってことなんじゃないの?

・ソフトバンクは日本で最高の企業だからね。これは凄いことだよ。

ソフトバンク

・就任前にすでに任期の1期分の仕事をしちゃってるんじゃないの?

・他の大統領が4年でやることをドナルド・トランプは4時間でやっちゃうんだな。

・オバマ大統領の8年分の仕事をすでにやっちゃってる。オバマはいない方がよかったんじゃないか。

オバマ広島演説

・まだ就任前だけど、少なくとも俺が生きてる間で最高の大統領になるのは間違いないだろう。

・ソフトバンクの孫正義は規制緩和を求めてるんだろう。だからこれだけの投資をするんだ。

・これには反トランプ派も黙っちゃうな。

・アメリカと日本、台湾の関係が急速に良くなっている。もう中国は必要ない。

出典:Reddit

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする