シェアする

中国のテレビ番組が「くまモン」を堂々とパクる…海外の反応

中国のテレビ番組『好運賺賺賺』に、熊本県のマスコット、「くまモン」にそっくりなキャラクター、「好運熊」が登場し、盗作だと話題になっています。番組のメインのマスコットのようです。

「好運熊」は「くまモン」をそのまま茶色くした見た目で、パクリであることは明らか。中国版twitterサイト「微博(weibo、ウェイボー)」でもパクリであることが指摘され、「さすがに恥ずかしい」という声が挙がっていたようです。

パクリジナルの技術

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・中国が何かパクったんだろ?驚くことじゃない。

・くまモンと比べると着ぐるみの質の低いところが、やっぱりメイド・イン・チャイナって感じだな。

・どう考えてもパクリだろ。偶然の一致ではありえない。

・中国はいつも図々しく人のものをパクるんだよね。しかも改変しようという努力を一切しない。

・熊本が地震で大変な思いをしているときに、なんてことをするんだ。

・中国だからな。いつものことだ。

・これは明らかな盗作だね。中国はそういう国だよ。

・そもそも国自体がハッタリの上にできてるような国だからね。

中国GDPの大嘘

・他の国のものをパクって安いコピーを売りつける、そうやって経済成長を遂げてきたんだよ。

・中国には創造性というものはないのか。

・中国に何を言っても無駄。泣き寝入りするしかないんだよ。

・中国には知的財産というものは理解できないよ。

・マスコットもオリジナルで作れないのかよ。

・今回は爆発しなかったのか。

・中国は盗作かカンフー映画しか取り柄がないからね。

・中国と韓国は海賊版を作ることに関しては世界一だよ。

・中国の若いネット民はパクることが恥ずかしいことだっていう認識があるみたいだけど、政府にいる年寄り達にはないんだよ。

出典:KotakuFacebook

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク