シェアする

韓国人男性が日本大使館前で焼身自殺を図る…海外の反応

2015年8月12日、ソウルにある在韓国日本大使館前で、80歳前後の韓国人男性が焼身自殺を図りました。日本大使館前では慰安婦問題で日本政府に抗議する集会が開かれていたとのことです。抗議集会は毎週行われているそうですが、安倍首相の戦後70年談話の発表を控え、参加者は普段より多く、中高生を含めた2000人以上が参加していたそうです。

韓国で行われている「反日教育」の実態

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・そんなことをして何か変わったのか?

・でも第二次世界大戦のときの日本よりヤバイのが今の中国なんだよな。

・こういう韓国人はいくらでもいるよ。こんなのは氷山の一角。

・助かってよかったじゃないか。

・ダーウィン賞でも狙ってるのか?

ダーウィン賞(ダーウィンしょう、英: Darwin Awards)は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名づけられた皮肉の「名誉」であり、ダーウィン賞は、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことによって自らの劣った遺伝子を抹消し、人類の進化に貢献した人に贈られる賞である。

ダーウィン賞 – Wikipedia

ダーウィン賞

・やっぱりアジア人って変だな。

・プルコギっていうんだっけ?

・キムチ炒め。

・「怒りを遷さず、過ちをふたたびせず。」―孔子

論語

・暴動を起こすよりはいいと思う。

・抗議活動をしてる人がみんなやってくれたら世界はもっと平和になるのに。

・ファーガソンの抗議活動をしてる人にも見習ってほしい。

・もういい加減に第二次世界大戦のことは忘れろよ。こんなことをしても何も変わらないし、誰も戻ってこない。そもそも日本はもう十分に賠償したはずだ。

・きっと『ファンタスティック・フォー』のリメイクが気に入らなかったんだろう。

・戦争はもう70年も前に終わったって誰か教えてやれよ。

・ベトナム戦争のときにサイゴンで僧侶が焼身自殺したけど、彼は自身の主張を知らしめるためにやった。この韓国人は何のためにやったんだろう。

1963年6月11日、当時の南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権が行っていた仏教徒に対する高圧的な政策に抗議するため、サイゴン(現・ホーチミン市)のアメリカ大使館前で自らガソリンをかぶって焼身自殺した。
彼は支援者たちが拝跪する中、燃え上がる炎の中でも蓮華坐を続け、絶命するまでその姿を崩さなかった。その衝撃的な姿がカメラを通じて世界中に放映され、ベトナム国内だけでなく国際世論に大きな影響を与えることとなった。

ティック・クアン・ドック – Wikipedia

・韓国人は日本人に抗議する前に、自分達は本当に何も悪いことをしてないか、自身に問うべきだ。

韓国の大量虐殺事件を告発する

・抗議する方法なら他にいくらでもあるのに。

出典:Korean man badly hurt after self-immolation at Japan protest

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク