シェアする

自民党の丸山和也議員の発言「オバマ大統領は黒人奴隷の子孫」が話題に…海外の反応

自民党の丸山和也法務部会長が2016年2月17日に参議院憲法審査会で「オバマ大統領は黒人奴隷の子孫」という内容の発言をしたことが海外でも話題になっています。

丸山議員はアメリカが「ダイナミックな変革をしていく国」であることを述べるためにオバマ大統領を引き合いに出したようです。

例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。

(中略)

まさかアメリカの建国、あるいは当初の時代にですね、黒人、奴隷がですね、米国の大統領になるなんてことは考えもしない。

http://www.asahi.com/articles/ASJ2K73JPJ2KUTFK010.html

 また、丸山氏は「日本が米国の51番目の州になれば、『日本州』出身者が大統領になる可能性が出てくる。世界の中心で行動できる日本になりうる」とも指摘した。

http://www.sankei.com/politics/news/160217/plt1602170031-n1.html

審査会終了後、丸山議員は陳謝し、訂正する考えを示しました。

丸山和也の毒舌国会

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・何言ってんだこいつ?

・また日本の政治家がおかしなこと言ってるのか。

・奴隷とは全く関係ない家系だよね。オバマ大統領の父親はケニア出身。ハワイ大学とハーバード大学を卒業してる。そして母親は白人。

1961年8月4日にハワイ州ホノルルにある病院(英語版)で生まれる。 実父のバラク・オバマ・シニア(1936年 – 1982年)は、ケニアのニャンゴマ・コゲロ出身(生まれはニャンザ州ラチュオニョ県Kanyadhiang村)のルオ族、母親はカンザス州ウィチタ出身の白人、アン・ダナムである。 父のオバマ・シニアは奨学金を受給していた外国人留学生であった。2人はハワイ大学のロシア語の授業で知り合い、1961年2月2日に周囲の反対を押し切って結婚、 アンは妊娠しており、半年後に、オバマ・ジュニアを出産する。

バラク・オバマ – Wikipedia

・オバマ大統領はケニア人の子孫で、ケニアはアフリカの東部に位置し、インド洋に面している。奴隷貿易の被害になったのは主にアフリカの西部や中部の国の人達だ。

・日本人って血筋にこだわるよね。だから移民にも否定的なんだ。日本人にとっては日本人か、日本人以外か、二種類しかない。

ここが変だよ日本人

・日本人は外国人が大嫌いで人種差別主義者だよね。日本人は韓国人や中国人や黒人が大嫌い。血筋を崇拝したり神聖視するのは、それ以外に信じられるものがなかった時代の古い信仰。

・たしかにアフリカ系アメリカ人はほとんど奴隷の子孫だけど、オバマ大統領のお父さんはケニア出身だよ。

・日本がアメリカの51番目の州になんてなるわけないだろ。

・日本がアメリカの州になったら嬉しいけどな。

・でもそうなったら今の日本は全く違うものに変わってしまうぞ。

・たぶんこの丸山和也議員は人種差別主義者じゃなくて、単に無知なんだろう。

・バラク・オバマ氏が大統領になったというのはアメリカの進歩を象徴するものなんだ。昔は黒人には投票する権利もなく、白人と同じ設備を使うことも許されなかった。それが今は黒人が大統領になってるんだ。

そうだったのかアメリカ

・日本人が人種差別主義者だってことは歴史が証明してる。

・歴史的に考えると、全ての人間は人種差別主義者だ。そして歴史的に考えると、日本人より白人の方がよっぽど人種差別的だよ。

・本当に日本って『1984年』の世界そのものだな。

1984年

・先祖をたどれば、大体みんな、どこかの奴隷の子孫かもしれないよ。

・オバマ大統領のお父さんはケニア出身だから、アメリカの黒人奴隷ではなかったけど、奴隷制なんてものはどこにでもあったわけだから、大昔の先祖は誰かの奴隷だったかもね。

出典:RedditJapanTimes

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク