シェアする

カゴメと明和電機がコラボした「ウェアラブルトマト」が凄すぎる…海外の反応

トマトとスポーツの相性は抜群、だから走りながらトマトが食べられる「ウェアラブルトマト」を開発する、というネタ動画です。トマトケチャップでお馴染みのカゴメとアーティストの明和電機がコラボして作られたようですが、壮大なスケールがバカバカしくて素敵です。

カゴメは2015年2月22日に開催される東京マラソン2015にも協賛しており、7万個のトマトを提供するそうです。

カゴメ株式会社は、昨年に引き続き、2015年2月22日(日)に開催される「東京マラソン2015」に協賛し、7万個のトマトを提供致します。本大会で提供するトマトは、これまでもご好評をいただいていた“高リコピントマト”、“ちいさなももこ”に加え、新たに“オレンジまこちゃん”を用意致しました。 効酸化に良いといわれる、β-カロテンを豊富に含んだカゴメの高機能野菜です。

http://www.kagome.co.jp/company/wearable/

カゴメ株式会社(英語: KAGOME CO.,LTD.)は、飲料、食品、調味料の大手総合メーカーである。本社機能は愛知県名古屋市中区錦三丁目と東京都中央区日本橋浜町にある。

ブランド・ステートメントは「自然を、おいしく、楽しく。」

カゴメ – Wikipedia

明和電機(めいわでんき、Maywa Denki)は、 土佐 信道(とさ のぶみち)プロデュースによる、中小電機メーカーを模した芸術ユニット。所属事務所は吉本興業。作品制作のほか、音楽活動、舞台パフォーマンス、タレント活動も行っている。

明和電機 – Wikipedia

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・こういう本気でバカバカしいのって好きだわ。

・アホすぎだろ!

・「ひらめきは知識より何倍も大事」ってのがよくわかるね。

・トマトじゃなくてバナナでいいんじゃない?

・そんなことより女の子が素敵。

・まあたしかに最後の女性みたいに携帯するのが一番いいよね。

・走りながらトマトの摂取は酸性が問題あると思う。

・面白さと知性を兼ね備えた素晴らしい動画だった。

・日本人ってやっぱり地球上で最もおかしな生き物だな。

・これはもっと評価されるべき。

・さすが日本人だわ。

・真の革新とはこういうものだよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク