シェアする

人気K-popグループ、Apinkのイベント中に起きたアクシデントが話題に…海外の反応

Apink(エーピンク)というK-popグループのパフォーマンス中に起きたアクシデントが話題になっています。こちらの動画の55秒あたり、突然、曲が止まってしまいます。

2014年に発表された『LUV』という曲のようです。

さよなら、韓流

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・それでも続けられるのは凄い。

・K-pop歌手の中では上手い方なんじゃないの?

・ただの口パクじゃなかったってことか。感心した。

・K-popのグループって、みんなただのモデルのようなものだと思ってたから、音楽が止まったら何もできないだろうと思ったら違った。そのまま続けられたのは凄い。

・たぶん口パクをよりリアルに見せるために小さい声で歌ってたんだろう。

・ソロパートはいつも本当に歌うよね。

・Apinkのメンバーうち、3人は歌唱力もけっこうある。

・K-popのグループって大体は見た目だけで作られるものなんだけど、それでも歌やダンスのトレーニングはちゃんとやってるんだよな。

・K-popのグループって必ず一人は「メインボーカル」の役をする歌唱力の高いメンバーがいるんだよ。その他のメンバーもトレーニングをしてそれなりに歌えるようにはしてる。ただダンスをするだけのメンバーはいない。

・メインボーカルのチョン・ウンジはけっこう歌えるんだよね。

・チョン・ウンジはK-popの中では一番上手い。

・ハンドマイクを持って歌ってるときの9割くらいは実際に歌ってるんだよ。頬のあたりにつけるようなヘッドセットマイクのときは大体は口パクだね。そうじゃないなら踊ってる間は息の音が聞こえるはず。

・そうとも限らない。普通は音響ブースにいるスタッフが使ってないマイクの音量を落としてる。

・K-popの歌手はライブでも本当に歌ってるんだよ。でも歌が上手くない歌手やアクシデントの時に備えて大音量で曲を流してる。

・最近では歌が上手くないと生き残れないからな。ちゃんとした歌手ほどではないけど、みんな普通に歌える。

・K-popのグループってパフォーマンス中に起きたアクシデントに対応するのが上手い。

解けた衣装のヒモを素早く結んでる。

故障したマイクを素早く替えてる。

・観客も一緒に歌ってやれよ。

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク