シェアする

子供を自立させようとする日本の教育が素晴らしい…海外の反応

子供に自立することを教えるために一人で何でもさせる、という日本の家庭の教育にスポットを当てたドキュメンタリー動画です。一人で電車に乗って学校に通う日本の子供と、親に送迎してもらっているオーストラリアの子供を比べています。

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・これは素晴らしいことだよ。

・経験を通して自立の大切さを教えるのはいいことだね。

・子供が自立しているかどうかは、社会が自立しているかどうかに関係があると思う。

・日本だから可能なことだろうね。カナダではこんな子供はすぐに誘拐されるよ。

・僕はカナダに住んでたけど、学校には毎日、一人で行っていたよ。

・別に日本だけじゃないだろ。ドイツやフランスでも子供は一人で学校に行くもんだよ。

・ヨーロッパの国は大体そうだよね。

・アメリカ以外の国は全部そうなんじゃないかな。

・僕はイギリス出身なんだけど、5歳の頃には一人で学校に行っていたよ。

・韓国も日本と同じだよ。きっと日本の子供も韓国の子供と同じように過剰に勉強をさせられてるんだろうな。

・アメリカでは考えられないことだな。

・アメリカでは子供を一人で学校に行かせるのは虐待行為にあたるからな。

・アメリカでも80年代、90年代初頭くらいまでは子供は一人で学校に行っていたはずなんだけど、最近の親はちょっとおかしい。

・たしかに僕も子供の頃は一人で学校に行っていた。小学校はみんな自転車で通ってたよ。

・実際には犯罪率は下がってきてるのに、犯罪を異常に恐れてるんだよな。70年代くらいは子供は自分達だけで森の中に遊びに行っていたはず。でも今の親は怖がってそんなことはさせない。

・たしかに日本の子供は幼い頃から一人で電車に乗れる。そしてそれは日本が安全な国だからだろう。でも日本の若者は自立しているとは言い難い。アメリカでは高校を卒業したら実家から離れて暮らすのが当たり前だけど、日本の若者は30代まで親と一緒に住んでいる。

・アメリカの若者も親と一緒に住んでオンラインゲームばかりしているぞ。

・世界のほとんどの国では日本と同じだろう。アメリカがおかしいだけ。

出典:Japan’s Independent Kids (2015) short doc on Japanese cultural emphasis of independence and self-reliance from an extraordinarily young age

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク