シェアする

日本のクラシック映画でどれが一番好き?…海外の反応

Redditの日本板に立てられていた「日本のクラシック映画でどれが一番好き?」というスレッドをまとめました。

・日本のクラシック映画は怪獣映画と『人間の條件』しか知らないんだけど、他にいい映画ってどんなのがある?あと、『硫黄島からの手紙』みたいな、歴史を日本人の視点から描いた映画でオススメはある?

人間の條件

・『トラ・トラ・トラ!』は真珠湾攻撃を日本とアメリカの両方の視点から描いてるよ。

・『硫黄島からの手紙』と『父親たちの星条旗』みたいな感じ?

・それよりもっとドキュメンタリーっぽくて、歴史的にも正確だよ。資料を十分に考察して、両国の当時の動きを正確に捉えてる。

トラ・トラ・トラ!

・『座頭市』がオススメだよ。盲目のサムライが日本を放浪する映画で20作品くらいある。

・『用心棒』だな。黒澤明監督と三船敏郎のコンビで作った映画はたくさんあるけど、『用心棒』が一番面白い。

・僕も時代劇は大好き。最近はあまりないけど、昔の時代劇は名作が多いよね。特に黒澤明監督の時代劇は素晴らしい。『スター・ウォーズ』を作ったジョージ・ルーカスも影響を受けてる。

用心棒

スポンサーリンク

・黒澤明監督の作品だと『赤ひげ』も好きなんだけど、『用心棒』や『七人の侍』の影に隠れてあまり話題にならないよね。

・伊丹十三監督の『タンポポ』が一番好きだな。80年代の日本の映像が好きだからね。

・日本のコメディ映画では伊丹十三監督が一番だね。『タンポポ』だけじゃなくて『ミンボーの女』や『スーパーの女』も好き。音楽の使い方も秀逸。

・『ラヂオの時間』だな。

・『五人の斥候兵』『ビルマの竪琴』『野火』『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』『激動の昭和史 沖縄決戦』あたりかな。黒澤明監督作品で好きなのは『蜘蛛巣城』『用心棒』『影武者』かな。

激動の昭和史 沖縄決戦

・『HOUSE ハウス』だな。万人受けはしないだろうけど。

・クラシック映画ではないけど、北野武監督の『菊次郎の夏』が好き。

・日本の映画はホラーが一番だよ。『呪怨』とか『ノロイ』とか。

・仲代達矢が出てる『大菩薩峠』がいいよ。

・『俺は、君のためにこそ死ににいく』は『硫黄島からの手紙』にけっこう似てる。ただちょっと歴史解釈が右翼よりだけど。『日本のいちばん長い日』もすごくいい映画。

俺は、君のためにこそ死ににいく

・『心中天網島』かな。

・伊丹十三監督以外で好きなのは『運命じゃない人』だな。

・『砂の女』かな。原作小説の方が面白いけど。

・そんなに古くないけど、『Shall we ダンス?』が好き。

・『永遠の0』は神風特攻隊を日本人の視点から描いてるよ。

永遠の0

・日本の古い映画だと大島渚監督の映画が好きだな。社会の欠点を風刺するのが上手い。『飼育』『儀式』『絞死刑』など。

大島渚

・『忠犬ハチ公』は?

・黒澤明監督の『野良犬』は戦後日本の実際の映像も使ってる。

・あまり話題にならないけど成瀬巳喜男監督の『女が階段を上る時』と『浮雲』がいいよ。あと小津安二郎監督の『東京物語』と『秋刀魚の味』と『晩春』だな。

女が階段を上る時

出典:What are r/Japan’s favorite Japanese movie classics?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク